生活・知識

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?

「慮る」は、漢字検定準2級から出題される漢字です。芦田愛菜さんが今年の抱負の漢字1文字に選んだことから、注目を集めています

「慮る」の読み方は「おもんばかる」と「おもんぱかる」のどちらが正しいのか、その意味や使い方、類語や対義語、芦田愛菜さんの今年の漢字1文字「慮」の意味や由来などを解説します。

また、「慮る」の使い方をマスターするコツや、例文、四字熟語、ことわざや慣用句、漢字検定級別問題、英語表現、豆知識などについてもご紹介します。

ココがポイント

「慮る」の読み方は「おもんばかる」と「おもんぱかる」のどちらが正しい?
「慮る」の使い方と例文
「慮る」の使い方をマスターするコツ
「慮る」の意味を正しく理解する
「慮る」を使った例文を覚える
「慮る」を積極的に使う
「慮る」を使った四字熟語・ことわざや慣用句
芦田愛菜さんが今年の漢字1文字に「慮」を選んだ理由


「慮る」の読み方は「おもんばかる」と「おもんぱかる」のどちらが正しい?

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字

「慮る」の読み方は、「おもんばかる」と「おもんぱかる」のどちらも正しいとされています。

「おもんばかる」は、古語の「おもいはかる」の音変化で、江戸時代には「おもんばかる」が一般的でした。しかし、明治時代には「おもんぱかる」が一般的になり、現在では「おもんばかる」がより一般的となっています。

「おもんばかる」と「おもんぱかる」の意味や用法に違いはありません。どちらの読み方でも、相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考えるという意味になります。

以下に、それぞれの読み方の例文を挙げます。

「おもんばかる」
相手の気持ちを慮る
周囲の状況を慮る
将来のことを慮る

「おもんぱかる」
相手の気持ちを考えすぎる
周囲の状況を思い通りにしようとしすぎる
将来のことばかり考えて、今を楽しめない

どちらの読み方を選ぶかは、好みや慣れによるものと言えるでしょう。

「慮る」の使い方をマスターするコツ

「慮る」の使い方と例文

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字

「慮る」の使い方をマスターするコツ

「慮る」の使い方をマスターするためには、以下の3つのポイントを押さえるとよいでしょう。

「慮る」の意味を正しく理解する

「慮る」は、相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考えるという意味です。この意味を正しく理解しておけば、適切な場面で使いこなすことができます。

「慮る」を使った例文を覚える

「慮る」を使った例文を覚えておくと、実際に使う際にイメージしやすくなります。以下に、いくつかの例文を挙げます。

  • 相手の気持ちを慮って、言葉を選ぶ
  • 周囲の状況を慮って、行動する
  • 将来のことを慮って、計画を立てる

「慮る」を積極的に使う

「慮る」は、日常生活でもよく使う言葉です。積極的に使ってみて、使いこなせるように練習しましょう。

「慮る」を使った例文

「慮る」を使った例文を、以下にさらに詳しく解説します。

  • 相手の気持ちを慮る

相手の気持ちを考え、相手の立場に立って物事を考えることです。例えば、

* 相手の気持ちを慮って、言葉を選ぶ
* 相手の気持ちを慮って、行動する
* 相手の気持ちを慮って、相手を助ける

などが挙げられます。

  • 周囲の状況を慮る

周囲の状況や条件を考慮して、物事を考えることです。例えば、

* 周囲の状況を慮って、会議の進め方を考える
* 周囲の状況を慮って、商品の価格を決める
* 周囲の状況を慮って、ルールを決める

などが挙げられます。

  • 将来のことを慮る

将来のことを考えて、物事を考えることです。例えば、

* 将来のことを慮って、進路を決める
* 将来のことを慮って、貯金をする
* 将来のことを慮って、健康に気を使う

などが挙げられます。

「慮る」は、相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考えるという意味の漢字です。日常生活でもよく使う言葉なので、ぜひマスターしておきましょう。

「慮る」を使った四字熟語・ことわざや慣用句

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字

「慮る」を使った四字熟語には、以下のようなものがあります。

  • 「思慮分別」:物事をよく考えて分別すること。
  • 「先慮後行」:先を考えてから行動すること。
  • 「遠慮深慮」:遠く先のことまで考えて、慎重に物事を行うこと。
  • 「慮り尽くす」:あらゆることを考えて、万全を期すこと。
  • 「慮り煩う」:物事を考えすぎて、気がかりになること。

「慮る」を使ったことわざや慣用句

「慮る」を使ったことわざや慣用句には、以下のようなものがあります。

  • 「他人の心は慮るべからず」:他人の気持ちは、自分と同じように考えることができない。
  • 「慮り過ぎて、馬鹿を見る」:物事を考えすぎて、失敗すること。
  • 「慮り深ければ、憂い深し」:物事を慎重に考えすぎると、憂いが増える。

「慮る」を使った四字熟語やことわざ、慣用句は、日常生活でもよく使われます。例えば、

  • 「思慮分別」:仕事や人間関係で、相手の気持ちを考慮して、慎重に行動すること。
  • 「先慮後行」:将来のことを考えて、計画を立てること。
  • 「遠慮深慮」:相手の気持ちを考えすぎて、行動が鈍くなること。

などが挙げられます。

「慮る」という言葉を理解して、上手に使いこなせるようにしましょう。

芦田愛菜さんが今年の漢字1文字に「慮」を選んだ理由

「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字


愛菜さんは品が良い、頭が良い、性格が良い、可愛い。おまけに字も綺麗。年下ながら見習うべき女性です^^
  1. 20歳になる年齢を迎え、より思慮深い大人になりたいと考えたから

芦田愛菜さんは、2024年6月23日に20歳を迎えます。20歳は、成人として社会に出て、一人前の大人として生きていく年齢です。芦田さんは、その節目を迎えるにあたり、より思慮深い大人になりたいと考えたのでしょう。

「慮る」には、「相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考える」という意味があります。芦田さんは、この意味から、「慮る」を今年の漢字1文字に選んだと考えられます。

  1. 周囲の人や社会に配慮した大人になりたいと考えたから

今年で20歳を迎える芦田は、新年の抱負として「慮」の一文字を発表。「『おもんぱか(る)』って読むんですけど、20歳になる年なので思慮分別のある人になりたい」と説明し、「配慮の『慮』でもある。友達や周りの人に気遣いのできる人になりたいと思います」と意気込んだ。 引用元:モデルプレス

芦田愛菜さんは、デビュー以来、その聡明さや礼儀正しさで多くの人から支持されています。彼女は、周囲の人や社会に配慮した行動を常に心がけています。

「慮る」には、「配慮する」という意味もあります。芦田さんは、この意味から、「慮る」を今年の漢字1文字に選んだと考えられます。

芦田愛菜さんは、今後も、思慮深く、周囲の人や社会に配慮した大人として活躍していくことでしょう。

まとめ:「慮る 」おもんばかるとおもんぱかるどっち?芦田愛菜今年の漢字1文字

この記事をまとめます。

  • 読み方は「おもんばかる」と「おもんぱかる」のどちらも正しい
  • 意味は「相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考える」
  • 使い方は、相手の気持ちや状況をよく考えて、物事を考えるときに使う
  • 例文:相手の気持ちを慮って、言葉を選ぶ
  • 四字熟語:思慮分別、先慮後行、遠慮深慮
  • ことわざ:他人の心は慮るべからず、慮り過ぎて、馬鹿を見る、慮り深ければ、憂い深し
  • 芦田愛菜が今年の漢字1文字に選んだ理由:
    • 20歳になる年齢を迎え、より思慮深い大人になりたいと考えたから
    • 周囲の人や社会に配慮した大人になりたいと考えたから



-生活・知識