生活・知識

「了解です」がむかつく理由を解説!正しい敬語の使い方と代替表現も紹介

了解です むかつく

「了解です」は、日常会話やビジネスシーンでよく使われるフレーズです。しかし、中には「了解です」を言われたときに「むかつく」と感じる人もいるようです。


特に部下から言われた上司のかたが多いとか・・・

本記事では、なぜ「了解です」がむかつくのか、その理由と、代替表現について解説します。

ココがポイント

「了解です」がむかつく理由
「了解です」がむかつくと感じる人々の心理
「了解です」の使い方をめぐる議論
「了解です」の代替表現
「了解です」の使い分けのポイント
「了解です」の歴史や文化的な背景


「了解です」がむかつく理由

了解です むかつく

「了解です」がむかつく理由は、以下の3つが挙げられます。

敬語の誤用

「了解」は、本来「承知する」という意味の漢語です。そのため、目上の人に対して「了解しました」と言うのは、敬語の誤用となります。

「了解」は、本来は「上司が部下に対して、命令や指示を承諾する」という意味の言葉です。そのため、目上の人に対して「了解しました」と言うと、「自分の許可を必要とする」という印象を与えてしまいます。

例えば、上司が部下に「明日、この資料をまとめてほしい」と依頼したとします。部下が「了解しました」と答えると、上司は「部下が自分の許可を得て、資料をまとめてくれる」と解釈する可能性があります。

このように、「了解です」は目上の人に対して使うと、敬語の誤用となり、相手に不快感を与える可能性があります。

軽薄な印象

「了解です」は、日常会話でよく使われるフレーズです。そのため、ビジネスシーンで使うには軽薄な印象を与える可能性があります。

ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いが求められます。そのため、「了解です」のようなカジュアルな表現は、相手に不快感を与える可能性があるのです。

例えば、取引先の相手から「この資料を明日までに送ってください」と依頼されたとします。部下が「了解です」と答えると、取引先の相手は「部下が軽率に仕事を受諾した」と解釈する可能性があります。

このように、「了解です」はビジネスシーンで使うには軽薄な印象を与え、相手に不快感を与える可能性があります。

不快感を与える

「了解です」は、単調な表現であるため、相手に不快感を与える可能性があります。

「了解です」は、肯定的なニュアンスを持つ表現ですが、何の感情も表さない単調な表現です。そのため、相手に「何を考えているのだろう」「やる気があるのか」などといった不信感を与える可能性があります。

例えば、上司が部下に「このプロジェクトを成功させてほしい」と依頼したとします。部下が「了解です」と答えると、上司は「部下のやる気があるのかわからない」と感じるかもしれません。

このように、「了解です」は単調な表現であるため、相手に不快感を与える可能性があります。

 

「了解です」は、日常生活やビジネスシーンでよく使われる表現ですが、目上の人に対して使うと敬語の誤用となり、軽薄な印象を与え、不快感を与える可能性があります。

正しい敬語表現や代替表現を使い、相手に不快感を与えないように注意しましょう。

「了解です」がむかつくと感じる人々の心理

了解です むかつく

「了解です」がむかつくと感じる人々の心理には、以下のようなものが挙げられます。

尊敬のニュアンスが薄い

「了解です」は、丁寧語の「承知しました」や「かしこまりました」に比べて、尊敬のニュアンスが薄いと感じられます。そのため、目上の人に対して使うと、軽視されているように感じられる可能性があります。

感情が伝わりにくい

「了解です」は、単なる承諾を表す言葉です。そのため、相手に喜びや感謝などの感情が伝わりにくい場合があります。そのため、相手に不誠実な印象を与える可能性があります。

「了解です」の使い方をめぐる議論

「了解です」の使い方については、賛否両論があります。

「了解です」の使い方を肯定する側は、以下のような主張をしています。

くだけた表現であるため、親しみやすさや親近感を感じる
簡潔でわかりやすいため、コミュニケーションを円滑にする

「了解です」の使い方を否定する側は、以下のような主張をしています。

尊敬のニュアンスが薄いため、目上の人に対して使うべきではない
感情が伝わりにくいため、相手に不快感を与える可能性がある

「了解です」は、正しい敬語表現ですが、使い方や場面によっては、相手をむかつける可能性があります。相手との関係性や状況に合わせて、適切な言葉や表現を使うようにしましょう。

「了解です」の代替表現

了解です むかつく

「了解です」の代替表現としては、以下のようなものが挙げられます。

正しい敬語表現

「承知しました」
「かしこまりました」
「承知いたしました」
これらの表現は、いずれも「理解した」という意味で使われるため、目上の人に対しても失礼になりません。

「承知しました」は、最も一般的な敬語表現です。

「かしこまりました」は、より丁寧な表現です。

「承知いたしました」は、「承知しました」に「いたしました」をつけた表現で、より丁寧な表現です。

ビジネスシーンで使える表現

「かしこまりました、ご指示通りにいたします。」
「かしこまりました、精一杯努力いたします。」
「かしこまりました、ご要望にお応えいたします。」
これらの表現は、ビジネスシーンでよく使われる表現です。

「ご指示通りにいたします」は、相手からの指示や依頼を承諾する表現です。

「精一杯努力いたします」は、相手からの依頼を全力で行う意欲を表す表現です。

「ご要望にお応えいたします」は、相手からの要望を叶える意欲を表す表現です。

カジュアルな表現

「了解しました。」
「かしこまりました。」
「はい、わかりました。」
これらの表現は、日常会話や、目上の人に対しても使えるカジュアルな表現です。

「了解しました。」は、最も一般的なカジュアルな表現です。

「かしこまりました。」は、「了解しました。」よりも丁寧な表現です。

「はい、わかりました。」は、最もカジュアルな表現です。

使い分けのポイント

「了解です」の代替表現は、状況や相手に合わせて使い分けることが大切です。

目上の人に対しては、正しい敬語表現を使う
目上の人に対しては、敬語を正しく使うことが大切です。そのため、目上の人に対しては「承知しました」や「かしこまりました」などの正しい敬語表現を使うようにしましょう。

ビジネスシーンでは、ビジネスシーンで使える表現を使う
ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いが求められます。そのため、ビジネスシーンでは「かしこまりました、ご指示通りにいたします。」や「かしこまりました、精一杯努力いたします。」などのビジネスシーンで使える表現を使うようにしましょう。

カジュアルな状況では、カジュアルな表現を使う
日常会話や、目上の人に対しても使えるカジュアルな状況では、「了解しました。」や「かしこまりました。」などのカジュアルな表現を使うようにしましょう。

このように、状況や相手に合わせて「了解です」の代替表現を使い分けることで、相手に失礼のない言葉遣いをすることができます。

「了解です」の使い分けのポイント

了解です むかつく

「了解です」は、以下の場面で使うのが適切です。

  • 同僚や部下など、対等な関係の人に対して
  • 目下の人が、目上の人から依頼や指示を受けたとき

「了解です」の歴史や文化的な背景

「了解です」は、江戸時代から使われていた言葉です。当時は、「りょうりょう」と発音されていました。これは、中国語の「了解」を音訳したものです。

中国語の「了解」は、もともと「理解する」という意味の言葉です。しかし、日本では、次第に「承諾する」という意味でも使われるようになりました。

「了解です」が広く使われるようになったのは、昭和時代に入ってからです。戦後、日本は急速に近代化・西洋化が進みました。その中で、敬語表現も変化し、丁寧語の「承知しました」や「かしこまりました」に代わって、くだけた表現の「了解です」が使われるようになりました。

「了解です」がむかつくと感じる人がいる理由は、この歴史や文化的な背景にも関係していると考えられます。

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

「了解です」がむかつく理由

目上の人に対して使うと失礼
単調で何を意味しているのかわからない

正しい敬語表現

承知しました
かしこまりました

代替表現

はい、かしこまりました
かしこまりました。承知いたしました
承知いたしました。よろしくお願いいたします
かしこまりました。何卒よろしくお願いいたします

 

「了解です」は、敬語の誤用や軽薄な印象、不快感を与えるなどの理由で、むかつくと感じる人もいるようです。本記事を参考に、適切な敬語表現や代替表現を使い、相手に好印象を与えましょう。


-生活・知識