美容・健康

その場足踏みとウォーキングの違いは?ダイエット効果にどう影響?

その場足踏み ウォーキング 違い

その場足踏みとウォーキングの違いとは?どちらも気軽に始められる運動ですが、運動量や効果に違いがあります。基本的な違いやそれぞれのメリット・デメリットなどについてお伝えします。

 

ココがポイント

その場足踏みとウォーキングの基本的な違い
その場足踏みとウォーキングのダイエット効果の違い
その場足踏みとウォーキングの違い|メリットとデメリット
その場足踏みとウォーキングの組み合わせ方
組み合わせ方の注意点 

その場足踏みとウォーキングの基本的な違い

その場足踏み ウォーキング 違い

その場足踏みとウォーキングは、どちらも足を動かす運動ですが、その特徴は大きく異なります。

運動の種類と運動量の違い

その場足踏み

その場足踏みは、足の上下運動のみで、前進する力は発生しません。そのため、ウォーキングに比べて運動量が少なく、消費カロリーも少ないと言えます。

その場足踏みの運動量は、足の上下する高さや速度によって異なります。高く大きく足を上下させるほど、運動量は大きくなります。また、足踏みの速度を速くするほど、運動量は大きくなります。

ウォーキング

ウォーキングは、足を前に蹴り出すことで、前進する力が発生します。そのため、その場足踏みよりも運動量が多く、消費カロリーも多くなります。

ウォーキングの運動量は、歩く速度によって異なります。歩く速度が速いほど、運動量は大きくなります。また、歩く距離が長いほど、運動量は大きくなります。

例えば、体重60kgの人が、その場足踏みを1分間行うと、約4kcalの消費カロリーとなります。一方、同じ体重の人が、時速6kmで15分間ウォーキングを行うと、約120kcalの消費カロリーとなります。

このように、その場足踏みとウォーキングは、運動量の面で大きな違いがあります。

運動量の違いのメリット・デメリット

その場足踏みとウォーキングの運動量の違いには、それぞれメリットとデメリットがあります。

【メリット】

その場足踏みのメリット
  • 手軽にできる
  • 場所を選ばない
  • 道具がいらない
ウォーキングのメリット
  • 消費カロリーが多い
  • さまざまな健康効果が期待できる

【デメリット】

その場足踏みのデメリット
  • 運動量が少ない
  • 筋肉の鍛え方が難しい
ウォーキングのデメリット
  • 場所を選ぶ
  • 道具が必要な場合がある

消費カロリー

消費カロリー

その場足踏みとウォーキングの消費カロリーは、運動量に比例して異なります。ウォーキングの方が運動量が多いため、消費カロリーも多くなります。

筋肉の鍛え方

その場足踏み 主にふくらはぎや太ももの前側の筋肉を鍛える
ウォーキング

ふくらはぎや太ももの前側の筋肉に加えて、お尻や太ももの後ろ側の筋肉も鍛えます。


全身の筋肉をつけたいときはウォーキングに軍配があがりましたね!

その場足踏みとウォーキングのダイエット効果の違い

その場足踏み ウォーキング 違い

その場足踏みとウォーキングは、どちらもダイエットに効果的な運動ですが、その効果には違いがあります。

脂肪燃焼効果

その場足踏みとウォーキングの脂肪燃焼効果の違いは、運動量の違いに起因します。

その場足踏み

その場足踏みは、ウォーキングに比べて運動量が少ないため、脂肪燃焼効果も小さくなります。

例えば、体重60kgの人が、その場足踏みを1分間行うと、約4kcalの消費カロリーとなります。このうち、脂肪燃焼による消費カロリーは、約1kcal程度となります。

ウォーキング

ウォーキングは、ウォーキングに比べて運動量が多いため、脂肪燃焼効果も大きくなります。

例えば、体重60kgの人が、時速6kmで15分間ウォーキングを行うと、約120kcalの消費カロリーとなります。このうち、脂肪燃焼による消費カロリーは、約30kcal程度となります。

このように、その場足踏みよりもウォーキングの方が、脂肪燃焼効果が高いと言えます。

むくみ解消効果

その場足踏みとウォーキングのむくみ解消効果の違いは、運動量の違いに起因します。

その場足踏み

その場足踏みは、ウォーキングに比べて運動量が少ないため、むくみ解消効果も小さくなります。しかし、その場足踏みは、足の上下運動によって、足の筋肉を動かすことができます。そのため、足の血行を促進し、むくみの解消に効果的と言えます。

ウォーキング

ウォーキングは、ウォーキングに比べて運動量が多いため、むくみ解消効果も大きくなります。ウォーキングは、足の上下運動に加えて、前進する力も発生します。そのため、足の筋肉をより大きく動かすことができます。また、ウォーキングは、長時間行うことも可能なため、より効果的にむくみを解消することができます。

このように、その場足踏みよりもウォーキングの方が、むくみ解消効果が高いと言えます。

まとめ

その場足踏みとウォーキングのダイエット効果の違いは、以下のとおりです。

項目 その場足踏み ウォーキング
脂肪燃焼効果 小さい 大きい
むくみ解消効果 小さい 大きい

どちらの運動も、脂肪燃焼やむくみ解消に効果的ですが、ウォーキングの方が、その効果が高いと言えます。

その場足踏みとウォーキングの違い|メリットとデメリット

その場足踏み ウォーキング 違い

その場足踏みのメリット・デメリット

その場足踏みのメリット

手軽にできる
その場足踏みは、場所や道具を必要とせず、いつでもどこでも行うことができます。そのため、忙しい人や、運動が苦手な人でも、気軽に始めることができます。

場所を選ばない
その場足踏みは、室内でも屋外でも行うことができます。そのため、天候や気温の影響を受けずに、運動することができます。

道具がいらない
その場足踏みは、道具を必要としません。そのため、初期費用がかからず、気軽に始めることができます。

その場足踏みのデメリット

消費カロリーが少ない
その場足踏みは、ウォーキングに比べて運動量が少ないため、消費カロリーも少ないと言えます。そのため、ダイエットや体力づくりには、ウォーキングの方が効果的と言えます。

筋肉の鍛え方が難しい
その場足踏みは、主にふくらはぎや太ももの前側の筋肉を鍛えます。しかし、筋肉を効果的に鍛えるためには、足の上下運動の幅や速度を大きくする必要があります。そのため、筋肉の鍛え方が難しいと言えます。

ウォーキングのメリットとデメリット

ウォーキングのメリット

消費カロリーが多い
ウォーキングは、その場足踏みよりも運動量が多いため、消費カロリーも多くなります。そのため、ダイエットや体力づくりに効果的と言えます。

さまざまな健康効果が期待できる
ウォーキングは、心臓機能の向上や骨粗しょう症の予防、転倒予防など、さまざまな健康効果が期待できます。

気分転換やストレス解消にも効果的
ウォーキングは、体を動かすことで、気分転換やストレス解消にも効果的です。

ウォーキングのデメリット

場所を選ぶ
ウォーキングは、安全に行うためには、交通量の少ない場所や、歩道が整備された場所を選ぶ必要があります。

道具が必要な場合がある
ウォーキングをより効果的に行うためには、ウォーキングシューズやウォーキングマップなどの道具が必要になる場合があります。

その場足踏みとウォーキングの組み合わせ方

その場足踏み ウォーキング 違い

足踏みをウォーキングの前に行う

ウォーキングの前に足踏みを行うことで、ウォーキングの準備運動になり、ウォーキング時のケガを予防することができます。また、ウォーキングの運動量を増やす効果もあります。

具体的には、ウォーキングの約10分前、ウォーキング前に行います。足踏みの速度や高さは、ウォーキングの強度に合わせて調整します。

足踏みをウォーキングの間に行う

ウォーキングの間に足踏みを行うことで、ウォーキングの疲れを軽減することができます。また、ウォーキングの運動量を維持する効果もあります。

具体的には、ウォーキングの途中で、約5分間、足踏みを行います。足踏みの速度や高さは、ウォーキングの強度に合わせて調整します。

足踏みをウォーキングの後に行う

ウォーキングの後に足踏みを行うことで、ウォーキングによる筋肉の疲労を回復することができます。また、ウォーキングの運動量を増やす効果もあります。

具体的には、ウォーキングの後に、約10分間、足踏みを行います。足踏みの速度や高さは、ウォーキングの強度に合わせて調整します。

組み合わせ方の注意点

足踏みとウォーキングを組み合わせる際には、以下の点に注意しましょう。

注意ポイント

  • 足踏みの前に、ウォーキングシューズを履いておきましょう。
  • 足踏みの速度や高さは、無理のない範囲で行いましょう。
  • 足踏みの途中で、息切れや疲れを感じたら、休憩しましょう。

その場足踏みとウォーキングを組み合わせることで、それぞれの運動の効果を高めることができます。自分に合った組み合わせ方を見つけて、健康的な生活を送りましょう。

 

まとめ:その場足踏みとウォーキングの違いは?ダイエット効果にどう影響?

その場足踏みとウォーキングの違いについてまとめます。

  • 運動量:ウォーキングの方が大きい
  • ダイエット効果:ウォーキングの方が大きい
  • むくみ解消効果:ウォーキングの方が大きい
  • 心臓機能の向上効果:ウォーキングの方が大きい
  • 骨粗しょう症予防効果:ウォーキングの方が大きい
  • 転倒予防効果:ウォーキングの方が大きい

その場足踏みのメリット

  • 手軽にできる
  • 場所を選ばない
  • 道具がいらない

その場足踏みのデメリット

  • 消費カロリーが少ない
  • 筋肉の鍛え方が難しい

ウォーキングのメリット

  • 消費カロリーが多い
  • さまざまな健康効果が期待できる
  • 気分転換やストレス解消にも効果的

ウォーキングのデメリット

  • 場所を選ぶ
  • 道具が必要な場合がある

その場足踏みとウォーキングの組み合わせ方

  • ウォーキングの前に行う:準備運動になり、ウォーキング時のケガを予防、ウォーキングの運動量を増やす
  • ウォーキングの間に行う:ウォーキングの疲れを軽減、ウォーキングの運動量を維持
  • ウォーキングの後に行う:ウォーキングによる筋肉の疲労を回復、ウォーキングの運動量を増やす

組み合わせ方の注意点

  • 足踏みの前に、ウォーキングシューズを履いておきましょう。
  • 足踏みの速度や高さは、無理のない範囲で行いましょう。
  • 足踏みの途中で、息切れや疲れを感じたら、休憩しましょう。

足踏みとウォーキングは、どちらも健康に良い運動ですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った方法で行うことが大切です。


-美容・健康