生活・知識

忖度しない褒め葉言|忖度なしでの意味

忖度しない褒め葉言|忖度なしでの意味

現代社会では、忖度や建前が蔓延し、真の評価が伝わりにくい状況にあります。そんな時だからこそ、相手に真摯な気持ちで伝わる「忖度しない褒め言葉」が重要になります。本記事で詳しく解説します。

 

記事のポイント

忖度しない褒め言葉とは?
従来の褒め言葉との違い
効果的に伝えるためのポイント
専門家も納得!「忖度しない褒め言葉」
具体的な褒め言葉の例
効果的な伝え方
シチュエーション別活用例

忖度しない褒め言葉とは?

忖度しない褒め葉言|忖度なしでの意味

「忖度なしで」はその名の通り、相手の気持ちを忖度することなく自分の意見や考えを率直に伝えることを意味します。

従来の褒め言葉との違い

従来の褒め言葉と「忖度しない褒め言葉」は、一見似ているようで、実は大きな違いがあります。

従来の褒め言葉

  • 表面的な言葉:相手を気遣い、場の雰囲気を良くするために、建前や社交辞令で褒める。
  • 抽象的な表現:「すごい」「さすが」など、具体的な内容を伴わない褒め言葉が多い。
  • 目的:相手を喜ばせたり、場の雰囲気を良くすることが目的。
  • 効果:一時的なモチベーション向上は期待できるが、長期的な成長には繋がりにくい。

忖度しない褒め言葉

  • 具体的な行動や成果を褒める:単に「すごい」ではなく、「〇〇さんのプレゼン、論理的に分かりやすくて、とても聞きやすかったです。」のように、何を褒めているのかを明確に伝える。
  • 相手の努力を認める:結果だけでなく、そこに至るまでの努力を認めることで、相手に寄り添っていることを伝える。
  • 目的:相手を真に評価し、成長を促進することが目的。
  • 効果:相手のモチベーション向上、成長促進、信頼関係の構築、組織全体の活性化など、長期的な効果が期待できる。

「忖度しない褒め言葉」の効果

1. 相手のモチベーション向上

具体的な行動や成果を褒められることで、自分の仕事や能力が認められていることを実感できます。これは、自己肯定感を高め、内発的なモチベーションを向上させる効果があります。

2. 相手の成長促進

単に褒めるだけでなく、改善点や課題を明確に伝えることで、自己認識を促し、成長を促進することができます。

3. 信頼関係の構築

忖度のない率直なコミュニケーションは、相互理解を深め、信頼関係を築くことに繋がります。

4. 組織全体の活性化

メンバー同士が互いを真に評価し、フィードバックし合うことで、組織全体の学習成長が促進されます。

「忖度しない褒め言葉」の重要性

現代社会では、VUCAと呼ばれる、Volatility(変動性)Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)がますます高まっています。

このような環境下では、従来の表面的な褒め言葉では、変化に対応し、成長していくことが困難です。一方、「忖度しない褒め言葉」は、個人の能力を最大限に引き出し、組織全体の成長を促進する重要なツールとなります。

「忖度しない褒め言葉」の実践

「忖度しない褒め言葉」は、相手を尊重し、真の評価を伝えることで、個人や組織の成長を促進する力を持っています。

しかし、伝え方にによっては、相手を傷つけてしまう可能性もあります。

効果的に伝えるためのポイント

  • 具体的な行動や成果を褒める
  • 相手の努力を認める
  • 心から褒めていることを伝える
  • 相手との関係性や状況を考慮する
  • タイミングや場所を適切に選ぶ

専門家も納得!「忖度しない褒め言葉」

忖度しない褒め葉言|忖度なしでの意味

具体的な褒め言葉の例

  • 「〇〇さんのプレゼン、論理的に分かりやすくて、とても聞きやすかったです。」
  • 「〇〇さんの企画、斬新なアイデアで、今後の展開が楽しみです。」
  • 「〇〇さんの仕事に対する真摯な姿勢、いつも見習っています。」

効果的な伝え方

具体的な行動を褒める

単に「すごいね」「さすが」と褒めるよりも、「プレゼン資料のデザイン、とても見やすくて分かりやすかったね」「あの難しいクライアントとの交渉、うまくまとめてくれてありがとう」のように、具体的な行動を褒めることで、相手に何を評価しているのかが明確に伝わり、より効果的にモチベーションを高めることができます

成果を褒める

目標達成や課題解決など、具体的な成果を褒めることで、相手の努力が認められたという実感を高め、自信に繋げることができます

心から褒めていることを伝える

形式的な褒め言葉ではなく、心から相手に感謝している、尊敬しているという気持ちが伝わるように伝えましょう

具体的な例

「プレゼン資料のデザイン、とても見やすくて分かりやすかったね。特に、グラフの色使いが工夫されていて、データが読み取りやすかったよ。」
「あの難しいクライアントとの交渉、うまくまとめてくれてありがとう。粘り強く交渉を重ねた結果だね。」
「今回のプロジェクト、目標達成に大きく貢献してくれたね。君のアイデアがなければ、実現できなかったと思う。」
「いつもチームのために率先して行動してくれて、本当に助かっているよ。感謝の気持ちでいっぱいだよ。」

褒めるポイント

  • 具体的な行動や成果を挙げる
  • 相手の努力を認める
  • 心から褒めていることを伝える
  • タイミングを逃さない
  • 態度にも気を配る

効果的な伝え方:褒め言葉を組み合わせる

「○○さんは、いつも仕事が丁寧で、見習いたいと思っています。」
「○○さんのアイデアは、いつも斬新で、刺激を受けます。」
「○○さんの明るさに、いつも元気をもらっています。」

効果的な伝え方:フィードバックを伝える

「○○さんのプレゼン、とても分かりやすかったのですが、もう少し声のトーンを上げると、より聞き取りやすくなると思います。」
「○○さんのレポート、内容が充実していましたが、誤字脱字がいくつかあったので、次回は注意しましょう。」

効果的な伝え方を意識することで、相手のモチベーションを高め、良好な関係を築くことができます。

シチュエーション別活用例

「忖度しない褒め言葉」は、様々な場面で活用できます。ここでは、仕事、プライベート、教育における具体的な活用例を紹介します。

仕事

部下がプレゼンを成功させた場合

  • 従来の褒め言葉:「さすが、よくできました!」
  • 忖度しない褒め言葉:「〇〇さんのプレゼン、論理的に分かりやすくて、とても聞きやすかったです。特に、市場調査に基づいた提案は説得力がありましたね。」

同僚が新しいアイデアを出した場合

  • 従来の褒め言葉:「面白いアイデアですね。」
  • 忖度しない褒め言葉:「〇〇さんのアイデア、斬新で面白いですね。従来のやり方に捉われない発想は素晴らしいと思います。ぜひ、具体的な提案にまとめて、上司に提案してみましょう。」

後輩が難しい課題を克服した場合

  • 従来の褒め言葉:「努力したね。」
  • 忖度しない褒め言葉:「〇〇さん、あの難しい課題を最後まで諦めずに取り組んで、よく頑張りましたね。粘り強さ and 問題解決能力は本当に素晴らしいです。」

プライベート

パートナーが料理を作ってくれた場合

ポイント

  • 従来の褒め言葉:「おいしい!」
  • 忖度しない褒め言葉:「今日の料理、いつもよりさらに美味しくなっていて、本当にびっくりしました。このソース、絶妙な味ですね!〇〇さんの料理の腕前は本当に素晴らしいです。」

子供がテストで良い点を取ってきた場合

ポイント

  • 従来の褒め言葉:「よく頑張ったね!」
  • 忖度しない褒め言葉:「〇〇さん、今回のテストで〇〇点、本当によく頑張りましたね。日頃の努力が結果に表れていて、とても嬉しいです。次は〇〇点を目指して、一緒に勉強頑張ろうね!」

まとめ:忖度しない褒め葉言|忖度なしでの意味

記事をまとめます。

従来の褒め言葉

表面的な言葉:相手を気遣い、場の雰囲気を良くするために、建前や社交辞令で褒める。
抽象的な表現:「すごい」「さすが」など、具体的な内容を伴わない褒め言葉が多い。
目的:相手を喜ばせたり、場の雰囲気を良くすることが目的。
効果:一時的なモチベーション向上は期待できるが、長期的な成長には繋がりにくい。

忖度しない褒め言葉

具体的な行動や成果を褒める:単に「すごい」ではなく、「〇〇さんのプレゼン、論理的に分かりやすくて、とても聞きやすかったです。」のように、何を褒めているのかを明確に伝える。
相手の努力を認める:結果だけでなく、そこに至るまでの努力を認めることで、相手に寄り添っていることを伝える。
目的:相手を真に評価し、成長を促進することが目的。
効果:相手のモチベーション向上、成長促進、信頼関係の構築、組織全体の活性化など、長期的な効果が期待できる。

「忖度しない褒め言葉」の効果

1. 相手のモチベーション向上

具体的な行動や成果を褒められることで、自分の仕事や能力が認められていることを実感できます。
これは、自己肯定感を高め、内発的なモチベーションを向上させる効果があります。
2. 相手の成長促進

単に褒めるだけでなく、改善点や課題を明確に伝えることで、自己認識を促し、成長を促進することができます。
3. 信頼関係の構築

忖度のない率直なコミュニケーションは、相互理解を深め、信頼関係を築くことに繋がります。
4. 組織全体の活性化

「忖度しない褒め言葉」の重要性

現代社会では、VUCAと呼ばれる、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、**Ambiguity(曖昧性)**がますます高まっています。

このような環境下では、従来の表面的な褒め言葉では、変化に対応し、成長していくことが困難です。

一方、「忖度しない褒め言葉」は、個人の能力を最大限に引き出し、組織全体の成長を促進する重要なツールとなります。

「忖度しない褒め言葉」の実践
「忖度しない褒め言葉」は、相手を尊重し、真の評価を伝えることで、個人や組織の成長を促進する力を持っています。

しかし、伝え方にによっては、相手を傷つけてしまう可能性もあります。

効果的に伝えるためのポイント

具体的な行動や成果を褒める
相手の努力を認める
心から褒めていることを伝える
相手との関係性や状況を考慮する
タイミングや場所を適切に選ぶ

シチュエーション別活用例

仕事

部下のプレゼン:論理的に分かりやすく、聞きやすかった点を具体的に伝える。
同僚の企画:斬新なアイデアで、今後の展開が楽しみだと伝える。
上司の仕事に対する真摯な姿勢:いつも見習っていると伝える。

プライベート

家族の料理:いつも美味しく、感謝していることを伝える。


-生活・知識