生活・知識

ボイルズワイガニ冷蔵の食べ方は?

ボイルズワイガニ 冷蔵 食べ方

ボイルズワイガニは、すでに茹でてあるため、解凍すればすぐに食べられる便利な食材です。しかし、冷蔵保存を間違えると、身がパサパサしたり、風味が落ちてしまったりすることがあります。

本記事では、ボイルズワイガニの冷蔵保存方法と、おいしく食べるための解凍方法、食べ方について解説します。

>ズワイガニ売れ筋ランキング【楽天】


CMで大人気! 【かに本舗】

記事のポイント

ボイルズワイガニ冷蔵(冷凍)の解凍方法と失敗例の対処法

ズワイガニ冷蔵モノの美味しい食べ方

冷凍冷蔵保存したボイルズワイガニの鮮度を保つ方法

ズワイガニ|冷蔵庫内での香りの管理と消臭方法

ボイルズワイガニ冷蔵(冷凍)の解凍方法と失敗例の対処法

さてさて、冷蔵ボイルズワイガニを食べるときはどうすればいいのか、気になりますよね?まずは、解凍の方法から見ていきましょう。

ボイルズワイガニ冷蔵・冷凍の解凍方法

ボイルズワイガニの解凍方法は、大きく分けて2つあります。

  • 冷蔵庫でゆっくり解凍する
  • 流水で解凍する

冷蔵庫でゆっくり解凍する

冷蔵庫でゆっくり解凍する方法は、最も身が傷みにくい方法です。

  1. ボイルズワイガニを冷蔵庫の野菜室に入れ、約12~24時間かけて解凍する。
  2. 解凍が完了したら、冷蔵庫から取り出し、常温で10~15分ほど置く。

流水で解凍する

流水で解凍する方法は、最も早く解凍できる方法です。

  1. ボイルズワイガニを流水にさらし、約30分~1時間かけて解凍する。
  2. 解凍が完了したら、水気をよく拭き取る。

解凍の失敗例と対処法

解凍の失敗例としては、以下のようなものがあります。

  • 解凍しすぎて、身がパサパサになってしまう。
  • 解凍しきれず、身が冷たくて硬いままになってしまう。

解凍の失敗を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 冷蔵庫でゆっくり解凍する場合は、1日以上かけて解凍する。
  • 流水で解凍する場合は、解凍しすぎないように注意する。

ズワイガニ冷蔵モノの美味しい食べ方

ボイルズワイガニは、そのまま生食してもおいしく食べられます。また、加熱調理したり、アレンジレシピに使ったりして、さまざまな食べ方を楽しむことができます。

生食

ボイルズワイガニは、解凍後そのまま生食することができます。

ボイルズワイガニの足や爪の殻を、キッチンバサミで切り落とす。 身をほぐし、殻から取り出す。 身をそのまま食べる。

加熱調理

ボイルズワイガニの温め方は、大きく分けて3つあります。

  1. 蒸す
  2. 湯煎する
  3. オーブンで温める

蒸す

蒸す方法は、最も身がふっくらと仕上がります。

  1. ボイルズワイガニを蒸し器に入れ、蓋をして中火で5~7分加熱する。
  2. 身が白っぽく色づいたら、火を止めて取り出す。

湯煎する

湯煎する方法は、手軽に温めることができます。

  1. 鍋に湯を沸かし、ボイルズワイガニを耐熱皿に入れ、湯が沸騰したら弱火にして5~7分加熱する。
  2. 身が白っぽく色づいたら、火を止めて取り出す。

オーブンで温める

オーブンで温める方法は、香ばしく仕上がります。

  1. ボイルズワイガニをオーブン皿に入れ、180℃に予熱したオーブンで10~15分加熱する。
  2. 身が白っぽく色づいたら、火を止めて取り出す。

どの方法で温める場合でも、ボイルズワイガニは冷凍庫から出してすぐに温めないようにしましょう。冷凍庫から出した直後は、中の身が冷たいため、温めムラが生じやすくなります。冷蔵庫でゆっくりと解凍し、常温で10~15分ほど置いてから温めると、身が均一に温まります。

また、ボイルズワイガニを温める際には、殻や身に付いた水気をよく拭き取るようにしましょう。水分が残っていると、身がべちゃっとした食感になってしまいます。

ボイルズワイガニは、加熱調理することで、より一層おいしく食べることができます。

  • カニ鍋
  • カニクリームコロッケ
  • カニサラダ

アレンジレシピ

ボイルズワイガニは、さまざまなアレンジレシピに使うことができます。

  • ボイルズワイガニのしゃぶしゃぶ

カニしゃぶ

ボイルズワイガニのちらし寿司

カニちらし寿司

ボイルズワイガニのグラタン

ズワイガニグラタン

今が旬ズワイガニてんこ盛り

【かに本舗】通販店『匠本舗』でいますぐ注文

カニ通販売上日本一!

冷凍冷蔵保存したボイルズワイガニの鮮度を保つ方法

適切な冷凍保存温度と期限

冷凍保存の鮮度維持において、適切な冷凍保存温度と期限の守り方が重要です。ボイルズワイガニを最良の状態で保存するためには以下のポイントに留意しましょう。

冷凍保存温度

ボイルズワイガニを最も良い状態で保つためには、-18度以下の低温で保存することが必要です。低温で凍結させることで、食材の鮮度をできるだけ長く維持できます。

期限

ボイルズワイガニの冷凍保存期限は通常3~6か月です。しかし、凍結が完璧でパッケージがしっかり密封されている場合、長期保存も可能です。メーカーの指示に従い、期限内に消費するよう心掛けましょう。

解凍後の早めの調理が鮮度維持の鍵

ボイルズワイガニを解凍したら、できるだけ早く調理することが鮮度を維持するための鍵です。

 解凍後の迅速な調理

解凍されたボイルズワイガニは急速に鮮度を失います。なるべく迅速に調理を始め、美味しさを逃さないように心がけましょう。解凍から調理までの時間を最小限に抑えることが大切です。

 解凍方法の工夫

解凍方法も鮮度に影響を与えます。冷蔵庫でゆっくり解凍するか、急速解凍機能を備えた電子レンジを使用するなど、適切な解凍方法を選びましょう。急速解凍は鮮度を保つ上で有効ですが、その後は速やかに調理する必要があります。

冷凍保存時の湿度管理とパッケージングの重要性

冷凍保存時の湿度管理と適切なパッケージングもボイルズワイガニの鮮度に影響を与えます。

 湿度管理

冷凍庫内の湿度は凍結した食材の鮮度に大きな影響を与えます。適切な湿度を保つためには、冷凍庫内の湿度制御機能を有効に活用し、適切な湿度を維持することが大切です。

適切なパッケージング

密閉されたパッケージを使用し、ボイルズワイガニを外部の空気や湿気から保護することが必要です。密閉容器や真空パックが最適で、空気が触れないように工夫されたパッケージングが鮮度維持に寄与します。

以上のポイントを踏まえ、冷凍保存したボイルズワイガニを最良の状態で食べるためには、適切な温度での保存、期限の守り方、迅速な調理、湿度管理とパッケージングの注意が欠かせません。

 

ズワイガニ|冷蔵庫内での香りの管理と消臭方法

ボイルズワイガニの特有の香り

ボイルズワイガニは独特で美味しい香りがありますが、これが冷蔵庫内に広がることがあります。この香りは、ボイルズワイガニの身や殻から発生する揮発性の化合物に由来しています。こうした香りは通常、密閉された空間で特に感じやすくなります。

 冷蔵庫内の臭いの原因と対策

冷蔵庫内でのボイルズワイガニの香りが強くなる原因の一つは、密閉空間において他の食材との相互作用です。以下に、冷蔵庫内の臭いを和らげるための対策をいくつか紹介します。

定期的な冷蔵庫内の掃除

ボイルズワイガニを保管する前に、冷蔵庫内を定期的に掃除しましょう。こうすることで、他の食材との混ざり具合を最小限に抑えることができます。

 開放型の保存容器を利用

密閉型の保存容器ではなく、開放型の保存容器を使用すると、ボイルズワイガニの香りが他の食材に移りにくくなります。

 食材ごとの分別保存

ボイルズワイガニを他の食材と分別して保存することで、香り移りを防ぎます。冷蔵庫内の棚ごとに、香りの強いものと弱いものを分けて収納しましょう。

香り移りを防ぐためのテクニック

ボイルズワイガニの香り移りを防ぐためには、いくつかのテクニックがあります。

キッチンペーパーの活用

ボイルズワイガニを包む際には、キッチンペーパーを使用して包み込むことで、香りの飛散を防ぎます。また、保存容器の底にもキッチンペーパーを敷くと効果的です。

重ねずに収納

ボイルズワイガニを他の食材と重ねて保存すると、香りが移りやすくなります。できるだけ別々の空間に収納するよう心がけましょう。

香り吸収剤の利用

冷蔵庫内に香り吸収剤を置くことで、異なる食材同士の香り移りを抑えることができます。市販のものや自家製のバンクスなどを活用しましょう。

これらの対策を組み合わせることで、ボイルズワイガニの美味しい香りを楽しみつつ、他の食材への香り移りを防ぎましょう。

まとめ:ボイルズワイガニ冷蔵の食べ方は?

ボイルズワイガニは、冷蔵保存を正しく行うことで、おいしく食べることができます。ぜひ、本記事を参考に、ボイルズワイガニをおいしく召し上がってください。


年末年始だけじゃないっ!いつでもカニ祭り♪
かに本舗


-生活・知識