生活情報

ロングヘアは寝る時に邪魔!対策14選と美髪を守るための習慣も

ロングヘア 寝る時 邪魔

美しいロングヘアは女性の憧れですが、寝る時には邪魔に感じることもあります。寝ている間に髪が絡まったり、摩擦でダメージを受けたり、寝癖がついたり…朝起きるのが憂鬱になることも。
そこで今回は、ロングヘアの寝苦しさを解消する方法を14個ご紹介いたします。さらに毎日の習慣でできる美髪ケアも合わせて解説します。

ポイント

寝る時に邪魔なロングヘアの快適睡眠対策14選
美髪を守る毎日の習慣

ロングヘアは寝る時に邪魔|寝苦しさの原因と対策

ロングヘア 寝る時 邪魔

ロングヘアが寝る時に邪魔になる原因は、主に以下の3つです。

1. 摩擦によるダメージ

長い髪は枕との摩擦でダメージを受けやすく、キューティクルが剥がれたり、枝毛や切れ毛の原因になったりします。

2. 絡まりによるダメージ

寝ている間に髪が絡まり、朝起きた時に梳かすのが大変なこともあります。絡まりを無理に梳かすと、髪が切れたり、頭皮に負担がかかったりします。

3. 寝癖によるダメージ

寝ている間に髪が枕の形に癖がついてしまうことがあります。寝癖を直すためにアイロンを使うと、髪にさらにダメージを与えてしまいます。

寝る時に邪魔なロングヘアの快適睡眠対策14選

ロングヘア 寝る時 邪魔

髪をまとめる

ゆるく三つ編み

髪をゆるく三つ編みにすることで、絡まりを防ぎ、摩擦を軽減できます。寝る前に軽くブラッシングしてから三つ編みをしてください。きつく編むと頭皮に負担がかかるので、ゆるめに編むのがポイントです。

シルクシュシュでまとめ髪

シルクシュシュは摩擦が少なく、髪に優しい素材です。髪をまとめてシルクシュシュで結ぶことで、髪を保護することができます。ただし、きつく結ぶと髪に負担がかかるので、ゆるめに結ぶようにしましょう。

ナイトキャップ

ナイトキャップは、髪を摩擦から守るだけでなく、寝癖を防ぐ効果もあります。シルクやサテンなどの柔らかい素材を選ぶのがおすすめです。

>>シルクナイトキャップ【楽天】

枕を変える

サテン素材の枕カバー

サテン素材の枕カバーは、摩擦が少なく、髪に優しい素材です。髪が枕カバーに引っかかるのを防ぎ、絡まりを軽減できます。

>>サテン素材枕カバー【楽天】

低反発枕

低反発枕は、頭の形にフィットして、寝ている間の頭の動きを抑えることができます。頭の動きが抑えられることで、髪が摩擦を受けるのを防ぎ、寝癖を防ぐことができます。

 

寝る前のヘアケア

洗髪とトリートメント

寝る前に髪を洗ってトリートメントをすることで、髪を清潔に保ち、ダメージを補修することができます。ドライヤーでしっかり乾かしてから寝てください。

ドライヤーでしっかり乾かす

髪を濡れたまま寝ると、摩擦によるダメージが大きくなります。ドライヤーでしっかり乾かしてから寝てください。冷風で仕上げると、髪にツヤを与えられます。

ヘアオイルで摩擦を軽減

ヘアオイルを髪に揉み込むことで、摩擦を軽減し、髪を保護することができます。

寝姿勢

仰向けで寝る

対策 メリット デメリット 対策
仰向けで寝る 髪が枕に擦れるのを防ぎ、摩擦を軽減 いびきをかきやすくなる 顎を引いて寝る
枕を抱きしめて寝る 寝ている間の頭の動きを抑え、摩擦を軽減 肩や首が凝りやすくなる 自分に合った枕を選ぶ

枕を抱きしめて寝る

枕を抱きしめて寝ることで、寝ている間の頭の動きを抑えることができます。頭の動きが抑えられることで、髪が摩擦を受けるのを防ぎ、寝癖を防ぐことができます。

美髪を守る毎日の習慣

ロングヘア 寝る時 邪魔

洗髪方法

美しい髪を維持するためには、正しい洗髪方法が欠かせません。ここでは、髪をしっかり濡らす、シャンプーで頭皮をマッサージするように洗う、トリートメントは毛先にしっかりつけるという3つのポイントについて詳しく解説します。

髪をしっかり濡らす

髪を洗う前に、髪全体をしっかり濡らしましょう。髪が濡れていないと、シャンプーが泡立ちにくくなり、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。お湯の温度は38度前後が理想です。

シャンプーは頭皮をマッサージするように洗う

シャンプーは頭皮をマッサージするように洗いましょう。指の腹を使って、頭皮を優しく円を描くようにマッサージします。爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまうので注意が必要です。

トリートメントは毛先にしっかりつける

トリートメントは毛先にしっかりつけましょう。頭皮につけてしまうと、頭皮が重くなったり、ニキビの原因になったりするので注意が必要です。毛先に揉み込んだら、数分間置いてから洗い流しましょう。

ドライヤーの使い方

ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、髪をスタイリングしたり、頭皮の血行を促進したりする効果もあります。しかし、使い方を間違えると髪を傷つけてしまうので注意が必要です。ここでは、ドライヤーの使い方のポイントを2つご紹介します。

冷風で仕上げる

ドライヤーは温風で髪を乾かしますが、最後に冷風で仕上げると髪にツヤが出ます冷風はキューティクルを閉じて髪を保護する効果があるので、必ず冷風で仕上げましょう。

髪から15cm離して乾かす

ドライヤーを髪に近づけすぎると、髪が傷んでしまいます。ドライヤーは髪から15cm離して乾かしましょう。また、同じ場所に長時間温風を当て続けると、髪が過度に乾燥してダメージを受けてしまうので、注意が必要です。

ブラッシング

ブラッシングは髪を梳かすだけでなく、頭皮の血行を促進したり、汚れを落とす効果もあります。ここでは、朝晩2回、毛先からブラッシング、絡まりは指で優しくほぐすという3つのポイントをご紹介します。

朝晩2回、毛先からブラッシング

ブラッシングは朝晩2回行うのが理想です。朝は寝癖を直し、頭皮の血行を促進するためにブラッシングしましょう。夜は1日の汚れを落とすためにブラッシングしましょう。

毛先からブラッシングすることで、髪を傷つけずに梳かすことができます。まず毛先をブラッシングしてから、徐々に根元に向かってブラッシングしましょう。

絡まりは指で優しくほぐす

髪が絡まっている場合は、無理にブラッシングしようとせず、指で優しくほぐしましょう。指で梳かすことで、髪を傷つけずに絡まりをほぐすことができます。

頭皮もブラッシングする


ブラッシングは髪だけでなく、頭皮もブラッシングしましょう。頭皮をブラッシングすることで、血行が促進され、髪が健康に育ちます。

まとめ:ロングヘアは寝る時に邪魔!対策10選と美髪を守るための習慣も

寝る時に邪魔なロングヘアの快適睡眠対策14選

  1. 髪をまとめる
  2. ゆるく三つ編み
  3. シルクシュシュでまとめ髪
  4. ナイトキャップ
  5. 枕を変える
  6. サテン素材の枕カバー
  7. 低反発枕
  8. 寝る前のヘアケア
  9. 洗髪とトリートメント
  10. ドライヤーでしっかり乾かす
  11. ヘアオイルで摩擦を軽減
  12. 寝姿勢
  13. 仰向けで寝る
  14. 枕を抱きしめて寝る

美髪を守る毎日の習慣

洗髪方法
髪をしっかり濡らす
シャンプーは頭皮をマッサージするように洗う
トリートメントは毛先にしっかりつける
ドライヤーの使い方
冷風で仕上げる
髪から15cm離して乾かす
ブラッシング
朝晩2回、毛先からブラッシング
絡まりは指で優しくほぐす
頭皮もブラッシングする

-生活情報