美容・健康

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違いは?それぞれの特徴や使い方|人気アイテムも!

ヘアオイル 洗い流さないトリートメント 違い

ヘアオイルと洗い流さないトリートメント、どっちがいいの?

ヘアケアアイテムには、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなど、さまざまな種類があります。それぞれに特徴や使い方が異なるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで今回は、ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違いを解説します。それぞれの特徴や使い方、おすすめのアイテムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ココがポイント

 

記事を読んでわかること

  • ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違い
  • それぞれの特徴と効果
  • 使い方のコツ
  • おすすめアイテム

記事を読むメリット

  • 自分に合ったヘアケア製品を選ぶことができる
  • ヘアケアの効率をアップさせることができる
  • 美しい髪を目指すことができる

[/st-mybox]

目次

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違いとは?

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違い

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントは、どちらも髪のケアに効果的なアイテムですが、実はそれぞれに特徴があります。

ヘアオイルは、髪の表面をコーティングして、ツヤやまとまりを与えるのが得意です。髪の毛先の乾燥やパサつきを防ぎ、まとまりのある髪に仕上げてくれます。また、スタイリング剤としても使用でき、髪のツヤ感やまとまりをアップさせることができます。

洗い流さないトリートメントは、髪の内部を補修して、ダメージを防ぐのが得意です。髪の毛の内部にあるキューティクルを補修し、ダメージによる切れ毛や枝毛を予防します。また、保湿効果で髪にうるおいを与え、ツヤのある髪に仕上げてくれます。

ヘアオイルのメリット・デメリット

ヘアオイルのメリット

  • ツヤやまとまりを与える
  • スタイリング剤としても使用できる
  • 乾燥やパサつきを防ぐ

ヘアオイルのデメリット

  • 髪が重たくなる場合がある
  • ベタつきが気になる場合がある

洗い流さないトリートメントのメリット・デメリット

洗い流さないトリートメントのメリット

  • ダメージを防ぐ
  • 保湿効果でうるおいを与える
  • ツヤのある髪に仕上げる

洗い流さないトリートメントのデメリット

  • 効果を実感するまでに時間がかかることがある
  • 髪の毛が重たくなる場合がある

自分の髪質や目的に合わせて使い分けるのがおすすめ

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントは、どちらも髪のケアに効果的ですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解して、自分の髪質や目的に合わせて使い分けることが大切です。

髪の乾燥やパサつきが気になる場合は、ヘアオイルを使いましょう。ヘアオイルを乾いた髪や濡れた髪に少量なじませるだけで、ツヤやまとまりを与えることができます。

髪のダメージが気になる場合は、洗い流さないトリートメントを使いましょう。洗い流さないトリートメントを洗い流した後の濡れた髪になじませることで、ダメージを補修して、ツヤのある髪に仕上げることができます。

また、ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせて使うのもおすすめです。ヘアオイルで髪の表面をコーティングし、洗い流さないトリートメントで髪の内部を補修することで、より高い効果が期待できます。

項目 ヘアオイル 洗い流さないトリートメント
目的 スタイリング ダメージ補修、保湿
使用感 べたつきやすい べたつきにくい
使用方法 ドライヤー前、スタイリング後 シャンプー後、ドライヤー前

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの特徴・選び方・注意点

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違い

ヘアオイルの特徴

ヘアオイルは、髪の表面をコーティングしてツヤ・まとまりを与える効果があります。髪の毛は、表面にキューティクルという層があり、このキューティクルが傷つくと、髪の毛の内部にある水分が失われ、パサつきや広がりなどの原因となります。

ヘアオイルは、このキューティクルを覆って保護することで、髪の毛の内部への水分の流出を防ぎ、ツヤやまとまりを与えます。また、ヘアオイルには、熱から髪を保護する効果もあります。

ヘアオイルは、スタイリング剤としても使用できます。ヘアオイルを髪の毛先になじませることで、髪の毛先をまとまりやすくし、ツヤのある仕上がりにすることができます。

髪の表面をコーティングしてツヤ・まとまりを与える

ヘアオイルは、髪の表面に油膜を形成することで、ツヤやまとまりを与えます。この油膜は、髪の毛の内部への水分の流出を防ぎ、パサつきや広がりなどの原因となる乾燥を抑えます。また、髪の毛の表面を滑らかにすることで、指通りをよくし、スタイリングをしやすくなります。

乾燥や熱から髪を保護する

ヘアオイルは、髪の毛の表面をコーティングすることで、熱から髪を保護します。ドライヤーの熱や紫外線などのダメージから髪の毛を守り、ツヤのある髪に仕上げることができます。

スタイリング剤としても使える

ヘアオイルは、スタイリング剤としても使用できます。ヘアオイルを髪の毛先になじませることで、髪の毛先をまとまりやすくし、ツヤのある仕上がりにすることができます。

また、ヘアオイルは、髪の毛の形をキープするのにも役立ちます。髪の毛の形を整えた後に、ヘアオイルをなじませることで、形をキープしやすくなります。

ヘアオイルの使い方

ヘアオイルは、乾いた髪や濡れた髪に使うことができます。

乾いた髪に使う場合

タオルドライした髪の毛先に、ヘアオイルを1~2プッシュ程度なじませます。髪の毛全体になじませる必要はなく、毛先を中心になじませましょう。

濡れた髪に使う場合

シャンプー&コンディショナーで洗い流した後の濡れた髪に、ヘアオイルを5~6プッシュ程度なじませます。髪の毛全体になじませ、ドライヤーで乾かします。

ヘアオイルの選び方

ヘアオイルを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

髪質に合ったものを選ぶ
髪質によって、合うヘアオイルは異なります。髪が硬い場合は、軽いテクスチャーのヘアオイルを選ぶとよいでしょう。髪が細い場合は、重めのテクスチャーのヘアオイルを選ぶとよいでしょう。

目的に合ったものを選ぶ
ツヤやまとまりを与えたい場合は、オイル分が多いヘアオイルを選ぶとよいでしょう。ダメージ補修したい場合は、オイル分が少なめのヘアオイルを選ぶとよいでしょう。

香りにもこだわる
ヘアオイルには、さまざまな香りのものがあります。好みの香りのものを選ぶことで、ヘアケアが楽しくなります。

ヘアオイルの注意点

ヘアオイルの使い過ぎは、髪が重くなり、ベタつきの原因となることがあります。少量ずつ、髪になじませるようにしましょう。

洗い流さないトリートメントの特徴

洗い流さないトリートメントは、髪の内部を補修してダメージを防ぐ効果があります。髪の毛は、表面にキューティクルという層があり、このキューティクルが傷つくと、髪の毛の内部にある水分が失われ、パサつきや広がりなどの原因となります。

洗い流さないトリートメントは、髪の毛の内部にあるタンパク質やセラミドなどの成分を補給することで、キューティクルを補修し、ダメージを防ぎます。また、洗い流さないトリートメントには、保湿効果のある成分も含まれているため、髪にうるおいを与え、ツヤのある髪に仕上げることができます。

髪の内部を補修してダメージを防ぐ

洗い流さないトリートメントは、髪の毛の内部に浸透し、ダメージを補修する効果があります。洗い流すトリートメントは、髪の毛の表面に作用しますが、洗い流さないトリートメントは、髪の毛の内部まで浸透するため、より高い効果が期待できます。

洗い流さないトリートメントには、以下の成分が配合されていることが多いです。

タンパク質:髪の毛の主成分であるタンパク質を補給することで、キューティクルを補修します。
セラミド:髪の毛の内部にあるセラミドを補給することで、髪の毛の保湿力を高めます。
ヒアルロン酸:髪の毛にうるおいを与え、ツヤのある髪に仕上げます。

保湿効果で髪にうるおいを与える

洗い流さないトリートメントには、保湿効果のある成分も含まれているため、髪にうるおいを与え、ツヤのある髪に仕上げることができます。

洗い流さないトリートメントには、以下の成分が配合されていることが多いです。

ヒアルロン酸:髪の毛にうるおいを与え、ツヤのある髪に仕上げます。
コラーゲン:髪の毛にうるおいを与え、弾力のある髪に仕上げます。
シアバター:髪の毛にうるおいを与え、まとまりのある髪に仕上げます。

紫外線やカラーリングによるダメージから髪を保護する

洗い流さないトリートメントには、紫外線やカラーリングによるダメージから髪を保護する成分も含まれています。

洗い流さないトリートメントには、以下の成分が配合されていることが多いです。

紫外線吸収剤:紫外線によるダメージから髪を保護します。
カラーリング成分:カラーリングの色落ちを防ぎます。

洗い流さないトリートメントの使い方

洗い流さないトリートメントは、シャンプー&コンディショナーで洗い流した後の濡れた髪に使用します。

ポイント

洗い流さないトリートメントは、髪の毛の内部に浸透させるために、髪全体になじませましょう。
ドライヤーで乾かす前に、余分な洗い流さないトリートメントを落とすようにしましょう。

髪全体になじませ、ドライヤーで乾かします。

 

洗い流さないトリートメントの選び方

洗い流さないトリートメントを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

髪質に合ったものを選ぶ
髪質によって、合う洗い流さないトリートメントは異なります。髪が硬い場合は、軽いテクスチャーの洗い流さないトリートメントを選ぶとよいでしょう。髪が細い場合は、重めのテクスチャーの洗い流さないトリートメントを選ぶとよいでしょう。

目的に合ったものを選ぶ
ダメージ補修したい場合は、保湿効果やタンパク質配合の洗い流さないトリートメントを選ぶとよいでしょう。ツヤやまとまりを与えたい場合は、ヒアルロン酸やセラミド配合の洗い流さないトリートメントを選ぶとよいでしょう。

香りにもこだわる
洗い流さないトリートメントには、さまざまな香りのものがあります。好みの香りのものを選ぶことで、ヘアケアが楽しくなります。

洗い流さないトリートメントの注意点

洗い流さないトリートメントの使い過ぎは、髪が重くなり、ベタつきの原因となることがあります。少量ずつ、髪になじませるようにしましょう。

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの組み合わせ

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違い

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせて使うのもおすすめです。

ヘアオイルで髪の表面をコーティングし、洗い流さないトリートメントで髪の内部を補修することで、より高い効果が期待できます。

具体的な使い方としては、以下のとおりです。

ココがポイント

シャンプー&コンディショナーで洗い流した後、洗い流さないトリートメントを髪全体になじませます。
ドライヤーで髪を80%程度乾かします。
ヘアオイルを髪の毛先や表面になじませます。

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの組み合わせのメリット

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせて使うことで、以下のメリットが期待できます。

より高い効果が期待できる
ヘアオイルで髪の表面を保護し、洗い流さないトリートメントで髪の内部を補修することで、より高い効果が期待できます。

髪のダメージを防ぐことができる
ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせることで、髪のダメージを防ぐことができます。

髪のツヤやまとまりをアップさせることができる
ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせることで、髪のツヤやまとまりをアップさせることができます。

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの組み合わせの注意点

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントを組み合わせて使う場合、以下の点に注意しましょう。

使い過ぎはNG
ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの使い過ぎは、髪が重くなり、ベタつきの原因となることがあります。少量ずつ、髪になじませるようにしましょう。

髪質や目的に合わせて選ぶ
ヘアオイルと洗い流さないトリートメントは、それぞれに特徴があります。自分の髪質や目的に合わせて、選ぶようにしましょう。

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの組み合わせは、より美しい髪を目指すためのおすすめの方法です。ぜひ試してみてください。

ヘアオイル人気ランキング

モロッカンオイル トリートメント オイル



ココがポイント

モロッコ産のアルガンオイルを配合した、高保湿ヘアオイル。
髪の乾燥やパサつきを防ぎ、ツヤのある髪に仕上げます。
洗い流さずに使えるので、スタイリング剤としてもおすすめです。

ミルボン エルジューダ エマルジョン


ココがポイント

髪の内部と表面を補修する、ダメージケア効果の高いヘアオイル。
髪の指通りを良くし、ツヤのある髪に仕上げます。
ドライヤーの熱から髪を保護する効果もあります。

アンドハニー ディープモイスト ヘアオイル


ココがポイント

はちみつを配合した、保湿効果の高いヘアオイル。

髪の乾燥やパサつきを防ぎ、ツヤのある髪に仕上げます。

べたつきが少なく、スタイリングしやすいのが特徴です。

洗い流さないヘアトリートメント人気ランキング

ALLNA ORGANIC (オルナオーガニック)スムース ヘアオイル・ALLNA ORGANIC (オルナオーガニック)モイスチャー ヘアオイル


ココがポイント

天然由来成分で95%以上が作られているので、肌や髪にやさしく安心。

保湿成分や補修成分が配合。髪の乾燥やパサつきを防ぎツヤのある髪に仕上がる。

軽いテクスチャーで伸びがよく、べたつきが少ないのが特徴

napla ナプラ N. エヌドット ポリッシュオイル


ココがポイント

アルガンオイルやシアバターなどの保湿成分配合で、髪の乾燥やパサつきを防ぎます。

ワックスやシリコンなどの重い成分不使用で、べたつかず、軽い仕上がりになります。

伸びが良く、髪全体になじみやすいので、スタイリングもしやすくなります。

ミルボン エルジューダ エマルジョン


ココがポイント

髪の内部と表面を補修する、ダメージケア効果の高い洗い流さないトリートメント。

髪の指通りを良くし、ツヤのある髪に仕上げます。

ドライヤーの熱から髪を保護する効果もあります。


髪の状態やコスパを考えてお選びください。口コミも参考になります。

まとめ:ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違いは?それぞれの特徴や使い方|人気アイテムも!

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントの違いについてまとめます。

目的
ヘアオイル:スタイリング
洗い流さないトリートメント:ダメージ補修、保湿
使用感
ヘアオイル:べたつきやすい
洗い流さないトリートメント:べたつきにくい
使用方法
ヘアオイル:ドライヤー前、スタイリング後
洗い流さないトリートメント:シャンプー後、ドライヤー前

ヘアオイルの特徴

  • 髪の表面をコーティングして、ツヤやまとまりを与える
  • スタイリング剤として使用されることが多い
  • べたつきやすい
  • ドライヤー前やスタイリング後に使用

洗い流さないトリートメントの特徴

  • 髪の内部や表面に栄養を与えて、ダメージを補修したり、保湿したりする
  • ダメージケアや保湿ケアとして使用されることが多い
  • べたつきにくい
  • シャンプー後に使用

ヘアオイルと洗い流さないトリートメントは、どちらも髪のケアに役立つアイテムですが、目的や使用感、使用方法が異なります。

ヘアオイルは、髪の表面をコーティングして、ツヤやまとまりを与える目的で使用されます。そのため、スタイリング剤として使用されることが多く、べたつきやすいのが特徴です。ドライヤー前やスタイリング後に使用します。

洗い流さないトリートメントは、髪の内部や表面に栄養を与えて、ダメージを補修したり、保湿したりする目的で使用されます。そのため、ダメージケアや保湿ケアとして使用されることが多く、べたつきにくいのが特徴です。シャンプー後に使用します。

髪の状態や目的に合わせて、適切なアイテムを選びましょう。


-美容・健康