仕事・資格

入社6年目で仕事できない・・・解決策はある?

6 目 仕事できない

社会人6年目を迎えたあなた。仕事の量や責任が増え、思うように成果が出せず、仕事ができないと感じることもあるのではないでしょうか。そんなあなたに、仕事ができないと感じたときに役立つ解決案をご紹介します。

記事のポイント

  • 6年目で仕事ができない原因は?
  • 6年目で仕事ができないと感じる理由
  • 6年目で仕事ができない場合の対処法
  • 6年目で仕事ができない場合の転職


6年目で仕事ができない原因は?

6年 仕事できない

スキルや経験が不足している場合

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

業務の基本知識や技術が身についていない
最新の知識や技術を習得できていない
業務の幅が狭く、専門性が高くない

業務の基本知識や技術が身についていないと、簡単な仕事でもミスや遅延を起こしやすくなります。また、最新の知識や技術を習得できていないと、競争力を失う可能性があります。さらに、業務の幅が狭く、専門性が高くないと、会社や職場での役割が限定されることになります。

スキルや経験を磨くためには、以下の方法が考えられます。

  • 自己学習(書籍、Web、研修など)
  • 資格取得
  • OJT(社内研修、OJTトレーナー、先輩社員など)

自己学習は、自分のペースで学習を進めることができるというメリットがあります。資格取得は、自分のスキルや知識を客観的に評価できるというメリットがあります。OJTは、実践的なスキルを身につけることができるというメリットがあります。

仕事に対するモチベーションが低い場合

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事にやりがいを感じない
  • 仕事に誇りを持てない
  • 仕事の目標や達成感が得られない

仕事にやりがいを感じないと、仕事に対するモチベーションが低下してしまいます。また、仕事に誇りを持てないと、仕事に対する意欲が失われてしまいます。さらに、仕事の目標や達成感が得られないとも、仕事に対するやる気がなくなってしまうことがあります。

仕事に対するモチベーションを上げるためには、以下の方法が考えられます。

  • 仕事の目標や成果を明確にする
  • 仕事のやりがいを見出す
  • 仕事の成長や達成感を実感する

仕事の目標や成果を明確にすることで、仕事に対する意欲や達成感が高まります。また、仕事のやりがいを見出すことで、仕事に対するモチベーションが維持しやすくなります。さらに、仕事の成長や達成感を実感することで、仕事に対する自信や充実感を得ることができます。

仕事の進め方が間違っている場合

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事の優先順位を明確にしていない
  • 仕事のスケジュールを立てていない
  • 仕事の段取りや手順を整理していない

仕事の優先順位を明確にしていないと、重要な仕事に手をつけられず、結果的に仕事が遅延したり、ミスをしたりする原因になります。また、仕事のスケジュールを立てていないと、仕事に追われてしまい、効率的に仕事を進めることができなくなってしまいます。さらに、仕事の段取りや手順を整理していないと、作業に手間がかかり、仕事の効率が悪くなります。

仕事の進め方を改善するためには、以下の方法が考えられます。

  • 仕事の優先順位を明確にする
  • 仕事のスケジュールを立てる
  • 仕事の段取りや手順を整理する

仕事の優先順位を明確にするには、仕事の重要度や緊急度を判断する必要があります。仕事のスケジュールを立てる際には、タスクの量や難易度、納期などを考慮する必要があります。仕事の段取りや手順を整理する際には、作業の流れや必要な資料などを把握する必要があります。

これらの原因を理解した上で、自分に合った対処法を実行することが大切です。また、対処法を実行する際には、継続することが重要です。短期間で成果が出ないこともありますが、あきらめずに取り組むことが大切です。

6年目で仕事ができないと感じる理由

6年 仕事できない

仕事の量や責任が増えた

社会人6年目になると、仕事の量や責任が増えてくることが一般的です。新入社員や2年目、3年目までは、簡単な仕事や雑務を任されることが多く、ミスをしても許される範囲が広いものです。しかし、6年目ともなると、より重要な仕事や責任ある仕事を任されるようになります。そのため、ミスを許されなくなり、仕事に追われてしまい、仕事ができないと感じてしまうことがあります。

仕事の量や責任が増えた場合、以下のことに注意が必要です。

  • 仕事の優先順位を明確にする
  • スケジュールを立てて、余裕を持って仕事を進める
  • わからないことは、すぐに上司や先輩に相談する

周囲の同僚や先輩がどんどん成長していく

社会人6年目ともなると、周囲の同僚や先輩も、仕事に慣れて成長していきます。新しいスキルを身につけ、昇進や昇格を果たしていく人もいます。そのため、自分との差を感じて劣等感を抱いてしまうことがあります。

周囲の同僚や先輩がどんどん成長していく場合、以下のことに注意が必要です。

  • 自分と他人を比較しない
  • 自分の強みや弱みを理解する
  • 自分の成長や目標を明確にする

自分の仕事ぶりを客観的に評価することができず、不安になる

社会人6年目ともなると、仕事に慣れて、ある程度の成果を出せるようになるものです。しかし、自分の仕事ぶりを客観的に評価することができず、不安になってしまうことがあります。

自分の仕事ぶりを客観的に評価できない場合、以下のことに注意が必要です。

  • 上司や先輩にフィードバックを求める
  • 自分の仕事ぶりを記録して、振り返る
  • 目標や成果を明確にして、達成度を測る

これらの理由は、必ずしも悪いことではありません。むしろ、仕事に対する責任感や向上心の表れとも言えるでしょう。しかし、不安や焦りから、仕事に集中できなくなってしまっては元も子もありません。原因を理解して、適切な対処法を実践することが大切です。

6年目で仕事ができない場合の対処法

6年 仕事できない

スキルや経験を磨く

スキルや経験を磨くためには、以下の方法が考えられます。

  • 自己学習

書籍やWebサイト、セミナーなどを利用して、自分で学習を進める方法です。自分のペースで学習を進めることができ、興味や関心に合わせて学ぶことができます。

  • 資格取得

資格を取得することで、自分のスキルや知識を客観的に評価することができます。また、資格取得を目指すことで、モチベーションを高めることができます。

  • OJT

先輩社員や上司から直接指導を受けながら、実践的なスキルを身につける方法です。OJTでは、実際の仕事の流れやノウハウを学ぶことができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 業務の基本知識や技術を習得する
  • 最新の知識や技術を習得する
  • 業務の幅を広げて、専門性を高める

業務の基本知識や技術を習得することで、簡単な仕事でもミスや遅延を起こしにくくなります。最新の知識や技術を習得することで、競争力を高めることができます。業務の幅を広げて、専門性を高めることで、会社や職場での役割を拡大することができます。

仕事に対するモチベーションを上げる

仕事に対するモチベーションを上げるためには、以下の方法が考えられます。

  • 仕事の目標や成果を明確にする

仕事の目標や成果を明確にすることで、仕事に対する意欲や達成感が高まります。

  • 仕事のやりがいを見出す

仕事のやりがいを見出すことで、仕事に対する意欲が維持しやすくなります。

  • 仕事の成長や達成感を実感する

仕事の成長や達成感を実感することで、仕事に対する自信や充実感を得ることができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の仕事の目標や成果を明確にする
  • 仕事のやりがいを見出すために、自分の仕事の意味や価値を考え直す
  • 仕事の成長や達成感を実感するために、自分の仕事の成果を記録して振り返る

仕事の進め方を改善する

仕事の進め方を改善するためには、以下の方法が考えられます。

  • 仕事の優先順位を明確にする

仕事の優先順位を明確にすることで、重要な仕事に手をつけられず、結果的に仕事が遅延したり、ミスをしたりする原因を防ぐことができます。

  • スケジュールを立てて、余裕を持って仕事を進める

スケジュールを立てて、余裕を持って仕事を進めることで、仕事に追われず、効率的に仕事を進めることができます。

  • わからないことは、すぐに上司や先輩に相談する

わからないことは、すぐに上司や先輩に相談することで、ミスを防ぐことができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事の重要度や緊急度を判断して、仕事の優先順位を決める
  • タスクの量や難易度、納期などを考慮して、スケジュールを立てる
  • 仕事の流れや必要な資料などを把握して、段取りや手順を整理する

また、仕事の進め方を改善するためには、以下のことに注意が必要です。

  • 仕事の進め方を常に改善する意識を持つ
  • 仕事の進め方を改善する際には、周囲の人に協力してもらう

これらの対処法を実行する際には、継続することが重要です。短期間で成果が出ないこともありますが、あきらめずに取り組むことが大切です。

6年目で仕事ができない場合の転職

6年 仕事できない

転職を検討する前に

6年目で仕事ができない場合、転職をすぐに決めるのではなく、まずは以下のようなことを検討してみてください。

  • 自分のスキルや経験を客観的に評価する

自分のスキルや経験が不足しているのであれば、対処法を試して改善を図りましょう。

  • 仕事に対するモチベーションを上げる努力をする

仕事に対するモチベーションが低下しているのであれば、仕事のやりがいを見出したり、仕事の目標や成果を明確にしたりして、モチベーションを高める努力をしましょう。

  • 仕事の進め方を改善する

仕事の進め方が間違っているのであれば、対処法を試して改善を図りましょう。

転職を検討する場合

対処法を試しても改善が見られない場合は、転職を検討してもよいでしょう。しかし、転職を検討する際には、以下のことに注意が必要です。

  • 転職の目的を明確にする

なぜ転職するのか、転職先で何をしたいのかを明確にしましょう。

  • 転職先の条件を検討する

転職先の会社や職種、待遇などを十分に検討しましょう。

  • 転職活動の準備をする

転職活動を始める前に、自己分析や履歴書・職務経歴書の作成など、準備をしっかりとしましょう。

転職のメリットとデメリット

転職には、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 新しい環境で仕事にチャレンジできる
  • スキルや経験を身につけることができる
  • 待遇や条件を改善できる

デメリット

  • 転職活動に時間と労力がかかる場合がある
  • 給与が下がる可能性がある
  • 人間関係や仕事内容に不満が出る可能性もある

転職を検討する場合は、メリットとデメリットをしっかりと比較検討した上で、慎重に判断することが大切です。

まとめ:入社6年目で仕事できない・・・解決策はある?

本記事の大事な部分をまとめます。

6年目で仕事ができない原因

  • スキルや経験が不足
  • 仕事に対するモチベーションが低い
  • 仕事の進め方が間違っている

6年目で仕事ができないと感じる理由

  • 仕事の量や責任が増えた
  • 周囲の同僚や先輩がどんどん成長していく
  • 自分の仕事ぶりを客観的に評価することができず、不安になる

6年目で仕事ができない場合の対処法

  • スキルや経験を磨く
  • 仕事に対するモチベーションを上げる
  • 仕事の進め方を改善する

6年目で仕事ができない場合の転職

  • 転職をすぐに決めない
  • 自分のスキルや経験を客観的に評価する
  • 仕事に対するモチベーションを上げる努力をする
  • 仕事の進め方を改善する
  • 転職の目的を明確にする
  • 転職先の条件を検討する
  • 転職活動の準備をする
  • 転職のメリットとデメリットを比較検討する

補足

  • 対処法を試しても改善が見られない場合は、転職を検討する
  • 転職にはメリットとデメリットがある



-仕事・資格