ネガティブな女性は一体何を考えているのか?なんでそんなにネガティブなのか?
気になりますよね。

何事にも前向きで明るくいられる人には理解できなくて疲れてしまいます。逆もありで「なんでそんなに前向きでいられるの?と反感をもたれてしまうこともあります。

ネガティブな女性に共通する心理として、

1・自分に自信がない
2・他人軸
3・自分で自分を縛っている
4・過去のトラウマに執着している

の4つが挙げられます。

今回は、多くのネガティブな女性に共通する4つの心理についてを紐解いていきます。

最後までお読みいただくことで、ネガティブな女性はどんな心理状態なのか?
また周囲の人はどのように対応したらよいかも説明します。

ネガティブな⼥性の⼼理4つ

ネガティブな女性は自分に自信がない

多くの場合、ネガティブな女性は自分に自信を持っていません。
自己肯定感が低い、セルフイメージが低いとも言えるでしょう。

「私なんて」が口癖で、行動を起こす前に「どうせ無理に決まっているから」という言葉をよく使います。
心の奥底で自分には無理だと決めつけてしまっているため、行動を起こそうともしません。

基本的に行動を起こさないため、自分に自信がなくて当然ですね。
自信は行動の積み重ねでつくものですから。

自分に自信がないため、人前で自分の意見を言うこともあまりありません。
「私の意見なんて否定されるに決まっている。」と決めつけてしまったり、自信の無さが日頃の行動にも現れています。

自分に自信がないため、恋愛でも彼に対して意見が言えずに彼のいいなりになってしまうと言うパターンも良くあります。

ネガティブな女性は他人軸

ネガティブな女性は、多くの場合軸が他人にあります。
自分軸で生きている方は自分に軸があるので、人からどう思われるか?にはあまり着目していません。
自分がこれをやりたいからやると言う基準で行動を決めます。

反対にネガティブな女性は軸が他人にあるため、いざ行動しようと思った時に「この行動をすることで周りの人にどう思われるか?」をとても気にします。

意見を言う時も「変わった人だと思われたらどうしよう。」「否定されたらどうしよう。」と、人からの視線ばかりを気にしてしまい、なかなか自分の意見も言えません。
自信の無さにも繋がってくる部分ですね。

やりたいと思った事をやっている時に周りの方々から否定的な意見を言われたら傷ついてしまったりするのも、他人軸な女性の特徴と言えます。

ネガティブな女性は自分で自分を縛っている

自分で自分を縛っているのもネガティブな女性に良くあるパターンです。
誰にもダメだと言われていないのにも関わらず、「私はコレをしたらダメなんだ。」と自分で決めつけてしまっています。

自分に対してルールを作り、いつの間にかたくさんのルールで自分自身を縛ってしまっているのです。

小さな頃からの積み重ねでたくさんのルールを持ってしまっている方もたくさんいらっしゃいます。

・○○はしてはいけない
・○○はするべきだ
・○○しなければならない

などの言葉を使うのも、自分で自分を縛っている女性の特徴と言えるでしょう。

自分で自分を縛っているので身動きが取れなくなり、どんどん行動範囲も狭まっていきます。
いざ行動しようとしても、マイルールが邪魔をし、行動できなくなってしまうのです。

ネガティブな女性は過去のトラウマに執着している

ネガティブな女性は、過去のトラウマに執着していることも多いです。

過去の体験が忘れられず、何かある度に心の奥底から引っ張り出してきたり。
いつまでもいつまでも、事あるごとにわざわざその時の傷を再体験しています。

過去の出来事とその時の感情を切り離して考えることができないため、いつまで経ってもその時の感情を引きずってしまっていると言う状態ですね。

出来事は出来事。
ただそう言うことがあっただけと思えるようにならなければ、いつまで経っても同じことを繰り返します。

そのことに気づけていないため、いつまで経っても過去を引きずり、場合によっては人を巻き込んで悲劇のヒロインを演じてしまったりします。

ネガティブな女性への対応法|彼女や友達がネガティブなかた必見

明るく元気のパワーを分けてあげる

ネガティブはひとつの性格ですので、簡単には治らないです。

「大丈夫!」などと言葉をかけてもその大丈夫がさらにネガティブを増大させてしまうこともあります。(そう簡単に言わないで・・・とか反感をもたれてしまう場合も)

では、どう対応すればいいの?ってことですが、言葉より大きく響くのが行動です。ネガティブな人に付き合っていると本当に疲れてしまいますので、心だけそばに置いて基本放っておいてください。心が寄り添っていれば伝わります。

そして、励ます側のあなたはおかしいと思われようが、バカだと思われようが明るく元気でいてください。元気のパワーをわけるつもりで、とにかく明るくしていてください。

一緒に悩んで共倒れなんてもってのほかです。一緒に悩んだり考えたりするよりも、元気さを見せたほうが数百倍もネガティブ女性のためになります。

前向きのパワーが移るからです。

ネガティブも移るけどポジティブも移ります。

どちらかというと負の連鎖のほうがパワーは強いので、それに負けないくらい明るく前向きでいてください。

どんな励まし言葉よりも効き目はあります。

性格や癖というものは、結論人に話しても、逆に人に励まされても解決しないので、自分が変わるしかないんですよね。

「この人みたいに明るくしてみよう!」と思わせたら凄いことです。

変化があったら褒めまくる

そして、少しでも明るくなったな、笑顔が出たな、と変化を感じたら、それも元気で明るく大げさなくらい大きな声で褒めてあげてください。

やはり「ほめられる」のは自信に繋がります。

 

nico@お互いに挑戦です