皆さんの身の周りにもいるのではないでしょうか『自分大好き』な女性。
結構目立つし、意外と自分が嫌われていることに気づいていないんですよね。

度を越した場合は「自己愛性パーソナリティ障害」という障害の一種となります。

でも、どんな女性が『ナルシスト』なのか、はっきりとは言えないですよね。
そこで今回は、ナルシストな⼥性の特徴を6つピックアップしてみました!

これに当てはまる女性がいたら、その女性は『ナルシスト』かもしれませんよ。

ナルシストな⼥性の特徴6つ【要チェック】誰にも奪えない心のゆがみ

自分の容姿に自信がある

ナルシストの特徴としてトップに来るのが、自分の容姿に絶対の自信があるということです。
たとえ他の人から見て、それほどでもない容姿だとしても、自分を鏡で見るときは自意識フィルターがかかっていて「私って可愛い〜!」「美人~!」と思い込んでしまいます。

「こういう容姿でいたい」という理想の容姿を自分に当てはめ、現実とは異なる姿が本人には見えている可能性が高いです。

おそらく他の人から見るより5割増しで見えているのではないでしょうか。

ある意味、幸せな人たちです。

「ナルシスト女」は鏡を見るのが大好きです。
いつでも手鏡を持ち歩き、いつでもパカっと鏡を開き、自分の顔をチェック!
さらに、ショーウィンドウなど、自分の姿が映るものは何でも鏡代わりにして、髪を整えたり、リップを塗り直したりしています。

もうその流れが癖となっている女性も多く、時間や場所を問わず鏡を見てしまうのが「ナルシスト女」の特徴です。

話しの中心が自分じゃないと嫌

「ナルシスト女」は、会話の時に自分が話の中心にならないと、気に食わないです。

例えば、みんなで何かをやろう!というようなときも、決まって、リーダーなど皆の中心人物になりたがります。自分のような大物は、大役をまかされるのが当たり前!と思っており、とにかく仕切るのが大好きです。

ただ参加するというのは絶対に嫌がりますす。

「ナルシスト女」は人にアドバイスや指図をするのが大好きです。
「私もそういうの経験あるんだけどさ〜」と、延々と語りはじめ、偉そうにアドバイスをします。

ただ話しを聞いてほしいのにアドバイスをしてくる、相談したわけでもないのに偉そうに上から目線で語ってきます。
特に後輩に対して、やたら先輩風を吹かせてきます。

人を褒めない

「ナルシスト女」は人を褒めることが何よりも嫌いです。

例えば、「可愛い」と噂される人が来ても、「でも人柄悪そう」などと言い、決して褒めようとはしません。
「自分が一番」じゃないと気に食わないので、他人を褒めるという行為ができないのです。。
「勝ち・負け」ではないのに、どうしても優越をつけてしまうのが「ナルシスト女」の特徴です。

そして、「ナルシスト女」は、自分には物凄い影響力があると思い込んでおり、何か成功すると「私のおかげ!」と思い込みます。
つまり、「みんなのおかげで」というような謙虚さは全くないのです。

成功は「私の実力」「私が手助けしたから」という風に思います。
周りの人がどれほど力になってくれたのだとしても、全て自分の手柄だと思い込み、感謝しません。

SNSに自撮りばかり投稿する

「ナルシスト女」は、SNSなどに自撮りの写真や動画を投稿しまくる傾向があります。
例えば美味しい料理を食べました!というような投稿でも、料理と一緒になぜが自撮り。
とにかく自分を誰かに見てほしくてたまらないのです。
なにより「可愛い」って言われたいし、たくさんのいいねやコメントがほしくて仕方がないのです。

すぐにツイッター・フェイスブック・Instagram・ラインなどのSNSに
今日は友達とご飯!いつも一緒にいてくれる友達に感謝!今月も予定がたくさん!
というような投稿をしてしまいます。

仕事の話からプライベートなこと、どんなことでも投稿し、私頑張ってるでしょ!私、リア充でしょ!私すごいでしょ!とアピールすることが、実際には周りの人へのマウンティングになっているということに本人は気づいていません。

好きなことを投稿できるのがSNSなので、見る人の気持ちを考えて投稿しなければならないわけではありませんが、どう捉えるかはそれぞれであり、見ている人は「この人本当に痛いよな・・・」なんて目で見ているものです。

悲劇のヒロインぶる

「ナルシスト女」は、上手くいったことは「全て私のお陰!」と思い込みますが、逆に、上手くいかなかったことは全部他人のせいにします。

ちょっと失敗して怒られたら、「私はなにも悪いことしてないのに・・・」と悲劇のヒロインになって、周りの人に「私かわいそう!」というように広めます。
本当に、客観的な視点で自分を見ることができない人間なのです。

自分は他人のことを批判するくせに、自分が何か言われると周りの人に『○○さんにこんなこと言われた』と言いふらします。

ちょっとでも何かを失敗すると、ヒステリーでも起こしたかのように騒ぎ散らします。
ナルシストにとって、自分は完璧ではないというのを認めるというのは、絶対にあってはならないことなのです。

すぐにマウンティングする

「マウンティング」とは、「自分が優位であることをアピールする」ことをいいます。

「ナルシスト女」は自分に自信満々で、誰よりも自分が優れていると思ってるので、周りを見下すような発言を繰り返します。

例えば、「私は胸が大きくて、キャミソールは似合わないのよね~」など自虐のつもりでマウンティングをするなど相手を馬鹿にするような発言をしてくる特徴があります。

自分よりも優れていそうな人が現れると、すぐさまその人の粗探しをします。

そして、マウンティングをして、自分のほうが優れていることを誇示していきます。
そうすることで、自分が誰よりも優れていると思いたいのです。

マウンティングされたら、「この人ナルシストなんだな」と聞き流してあげてください。

まとめ:ナルシスト女性にはかかわらない・聞き流す

いかがだったでしょうか?
今回はナルシストな女性の特徴についてご紹介しました。
みなさんの周りにも、当てはまる人がいるのではないでしょうか?

残念ながら、ナルシストの人には、口で説得しようとしても無駄でしょう。自己愛性パーソナリティ障害になっているのなら尚更です。

ナルシストの女性の話は聞き流すのが一番いいです。

できればかかわらないのが一番です。ストレスフリーでいられます。

マウンティングをされても、『この人は他人の粗探ししかできないんだな』と真に受けずに聞き流してあげてください。

どんな場所にもナルシストな女性はいるものです。
あまりにも対応に困ったときは、同僚や友達に相談して、巻き込まれないようにしましょう。

 

eko@かかわらないのがストレスフリー