台所断捨離1

台所って小物が多すぎて片付けるの面倒なのよね~
楽して片付くやり方ってないのかしら・・・?

台所はグッズ多すぎですよね。効率よく料理するために買ったのに、片付けは非効率な感じですね。楽しては無理ですけど、「楽しく」断捨離する方法をお伝えします。

キッチンをシンプルにそして清潔に保つことは、家族の「健康」と「家計」を守ることになります。やらなきゃ損です。片付いたあとは爽快感でさらに健康になりますよ♪

台所の断捨離は大きめ調理道具から始めて小物で終わらせる

とにかく大きなものから細かいものまでまんべんなく揃ってるのが台所です。段ボールまたは不燃ごみ袋を準備して、さあ!処分に取り掛かりましょう♪

鍋、フライパン、蒸し器などの調理道具を全部出してから分別する

最初に、調理道具を一旦すべて出してみてください。

きっと長く使用していない鍋や蒸し器やざる、ボウルなど奥のほうから出てきませんか?シンク下にしまっておいてフライパンがカビだらけのお家もありましたよ;;

3つの分別方法により取っておく調理道具、その他は処分

:1週間のうち1度でも使用したもの

1週間で一度でも使用したものはまた使う可能性大のため取っておく

:頻繁には使用しないけれど来客時に使うもの

来客時、例えばお正月に集まるので大量に料理するため必要な大鍋など

:季節柄で必要になる

冬用の土鍋など季節によって必ず使用するものも必要なので取っておく

 

基本的に必要な料理道具は以上の3つに当てはまる物で、その他はすべて捨てます

吊り棚や吊り戸棚、吊り下げネットの中の処分の分別

各家のキッチン形態にもよりますが、シンク上に吊り式の棚、あるいは扉付きの棚、

それ以外にも壁にネットを取り付けてS字フックにおたまやヘラを掛けている主婦の方もいらっしゃいます。

断捨離とは、目に見えるところでも見えないところでも不用品を処分することですので、今現在使っていないでそのまま仕舞ってあったり、吊り下げてあったりするものは思い切って捨てましょう。

出来れば壁のグッズ吊り下げはやめたほうがいいです。どうしてもゴチャゴチャ感が出てしまって風水的にも「気」の通りが悪くなります。

ざるやボウル類は大きさや深さもマチマチなので割と溜まりやすいです。ただ、実際にどのくらいの数を使うかといえば、たくさんある中でも、1,2個じゃないでしょうか?

使いやすい、洗いやすい、こういった理由で本来の目的で買ったものでなくても意外と用途が広かったりしますので、週に1回でも使用しなかったものは思い切って処分しましょう。そのほうが、片付けも楽です。

おたまやトング、菜箸など長いもので毎回使うからしまうのは面倒ってときは、スリムなボトル式のケースに立てておきましょう。シンクの端に置けば邪魔にもならずにお洒落感が出ます♪

綺麗なキッチンは健康と潤う家計をつくる効果があります
台所は、家族の健康の源となる「料理」を作るところです。エネルギーをたくさん受けれるようにスッキリさせておきたいです。健康=仕事運にもつながり、家庭の経済をスムーズに回してくれます。

いつか使いそう・・・と思うものも処分してください。今使うものだけを残すのが断捨離なのです。

捨ててしまってから必要になったときは、また使う分だけ買えばいいのです。

食器棚と収納棚(ワゴン)の断捨離のコツ

食器を捨てる基準

キッチンで一番要らないものが増えるのが「食器棚」や「収納棚」ですね。

食器棚って、入る分だけ埋めないといけない気になって、揃えたりしがちですが、実際はというと、使う食器はほぼほぼ決まっています。

来客用に仕舞ってあるものは別として、普段家族で使う食器は、洗いやすいものや割れにくいものなど、大体決まってくるのではないでしょうか。あえて奥にあるものはわざわざ出したりしないですよね。

そういった食器類も思い切って処分してしまいましょう。

いただきものの食器の処分

引き出物などでいただいた食器、自分の好みでなかったり出番がなくて箱にいれたまま食器棚に入っていたりしませんか?

たとえ頂きものとはいえ、食器は使ってナンボのものなので、今後も使う可能性が低いと感じたら思い切って処分です。

ブランド品で捨てるのがもったいない

自分で買わないオシャレな食器なので捨てられない

こういったときは、バザーに出すなり、メルカリやオークションで売るなりすれば、欲しい人はいるのでただ捨てるよりは気持ちが良いものです。お小遣い稼ぎにもなるので一石二鳥です。^^

お気に入りだけど欠けてしまった食器

お気に入りで使ってはいたけど、欠けてしまい、それでも捨てることができないお皿やお茶碗もただ飾り物にしていたのでは仕方ないので嫌かもしれませんが処分しましょう。

処分して1週間もたてば捨てたことも忘れて興味は今使っている食器にいきますよ。いずれにしても使えないものは処分していかないとたまる一方ですので、思い切りも大事です。

食器棚の引き出しの中の断捨離

意外と余計な小物があふれているのが、食器棚の引き出しの中です。

粗品でもらったスポンジやふきん、菜箸やしゃもじなど、加えて輪ゴムやメモなどで一杯になってませんか?

今、そして今後使うものもありますので、きれいに並べて保管して、その他の小物は捨ててください。「とりあえずココに入れとこ」的な小物が多いですので見えないからと言わず処分です。。

↓小物類はこちらの動画も参考にどうぞ。

台所にあるもので例外的に今使わなくても捨てないものは

結論から。

備蓄用の食品や飲料です。食品なのでキッチン保管してる人がほとんどですね。災害が多い日本ですので、備蓄用のレトルト食品、缶詰、水ペットボトルなどは一か所場所を決めてまとめて保管しておくといいです。

バラバラに保存すると、日ごろ食べていいものとの区別がつかなくなって減ってしまうので^^そして、消費期限が近付いたらそれは利用して新しい消費期限のものと交換するのを忘れずにです。

台所の断捨離は健康と家計の源|知らない人は絶対損するコツと効果のまとめ

こうしてゴチャゴチャ感満載だった台所がスッキリ片付くと、風水的な「気」のスムーズな流れにより家族の健康にも繋がり、金運にも恵まれます。

物が減ると新たな家具を買うことも避けられて、より一層スッキリしますので、小物が多くて大変ですが、家族全員で協力して片付けてみませんか。

最近はレジ袋有料化でレジ袋が溜まらなくなったのもごちゃごちゃ置かずに済んで断捨離の一環として良い傾向ですね。

 

以上です。

また別の記事でお会いしましょう。

感謝しています。

追伸:(断捨離するときも物に対して、そしてそれを作ってくれた人達やいただいた方にも感謝しつつ行いたいです)

断捨離は【開運効果絶大】人生をリセットしたいあなたに徹底解説