親友に「お金貸して、必ず返すから」と頼まれちゃった。親友でもお金の貸し借りはいけないと聞くし、どうしよう・・・

あるあるですよね。親友からの借金の申込み。

世間一般の意見として、

「相手のためにならない、貸さないのが愛情だ」

「貸すのではなく、あげたと思えばよい」

などありますが、どちらも一概には言えないところがあります。

お金のことは大事ですからね、今日は親友からお金貸してもらえる?と頼まれたときの判断の仕方をお話します。

 

親友にお金を貸してと頼まれたとき【OKを出す3ヶ条】それ以外はダメ

お金のことは親友だけに本当に貸すべきか断るべきか悩むところです。

結論からいうと、状況によります。ってことですね。

ただし、はっきり言えること、絶対に貸してはいけないお金は用途が「遊び」のときです。

 

あとは、普段からの信頼関係や家庭の状況などによりますが、のちほど説明します。

 

これは私個人の意見ですが、お金の貸し借りなので「あげたつもりで」は無しにしましょう。お互いのためにならないです。

親友なので「借用書」を書いてもらうのも気がひけますよね。できれば書いてもらったほうがいいのはもちろんなのですが・・・。もし、借用書を要求できる仲であればハッキリ言ってもいいです。

親友に頼まれたらお金を貸していい場合の鉄則3ヶ条

:生活のための少額のお金

節約しながら一生懸命暮らしていて、光熱費を払わないと止められちゃうとか理由がはっきりしていて多額でなければ貸してもいいです。

:逆にあなたもその親友にお金を借りたことがある場合

あなたも貸してもらったことがある場合は、当然断れないですよね。一番信用して問題ない相手です。あなたにも気持ちよく貸してくれたということは、返済もきちんとしてくれるはずです。

:逃げも隠れもできない相手

親友が独身だったら、ご両親や親類を知っていればいざ返ってこないときはそちらに請求を。ただしこの場合は親友との縁が切れることは覚悟です。

親友が既婚の場合は、ご主人を知っている、または今住んでいる家を離れる予定がなければ貸してもいいでしょう。逃げられませんから。この場合も生活費のみです。遊びのお金はダメですよ。

いずれにしても大事なことは、生活のための借金だと理由が決まっている場合に限ります。できればいつ頃までに返してもらえるかも聞いておきましょう。たとえ遅れたとしてもひとこと言っておくことで友達も「返す」という意識から離れないでいてくれます。

親友だけに借用証を書いてもらうのが気が引けてできないときの対処法

普段、一緒に旅行にいったり、何でも相談できたり本当に気のおけない親友に「借用証」は言いずらいですよね。お金の貸し借りでは親友というのは一番難しい相手です。

そんなときに一番良い貸し借りの方法があります。

お金の手渡しはやめましょう

ランチで100円足りないとかそういうのはここでお話する借金には入らないないのでそこはお互いのやり取りでおねがいします。

 

「口座でやりとりしましょう」

 

 

貸す側のあなたは親友の口座へ振り込みする。

親友からの返済もあなたの口座へ振込みしてもらう。

 

口座振り込みにすることで、「証拠」が残ります。(必ず記帳はしておきます)

名前も通帳に記載されるのですぐにわかります。

なので、万が一親友が返済する様子がなかったり、忘れてたりしたときも通帳を見せれば一目瞭然です。返した、返してもらってない。のいざこざは避けられます。

言葉でいうより伝えやすいですので変な雰囲気になりにくいです。

さいごに

親友とのお金の貸し借りに大事なことは、「無理のない範囲」で貸すことです。

貸す側のあなたの生活に支障をきたさないようにしてください。

そして、理由を聞いて、本当に困ったときだけにしましょう。

相手のためにならないのは、返しては借り、返しては借りを繰り返すときです。

親友ならば、そのときは、お仕事を頑張って貯金もして。のエールを送りましょ。