生活・知識

タバコ休憩の代替案はある?非喫煙者は何をすべきか?

タバコ休憩は、喫煙者にとっては労働時間の一部として認められていますが、非喫煙者にとっては不公平感の原因となっています。この記事ではタバコ休憩の代わりに非喫煙者が何をすべきか解説します。

参考

  • タバコ休憩の法律上の扱い
  • 働き方改革におけるタバコ休憩
    • 働き方改革の一環として、タバコ休憩の見直しが検討されています。
    • 厚生労働省は、2019年に「労働基準法の一部を改正する法律案」を提出しており、その中で、タバコ休憩を労働時間に含めるかどうかの検討を盛り込んでいます。

ココがポイント

タバコ休憩の不公平感
タバコ休憩を労働時間としてカウントする
非喫煙者にも同等の休憩時間を認める
タバコ休憩のルールを明確にする
タバコ休憩の代替案
タバコ休憩の代替案を導入する際の注意点 

タバコ休憩の不公平感

タバコ休憩 代替案

タバコ休憩 非喫煙者

引用元:PR TIMES「タバコ休憩は不公平か?」Surfvote投票結果

タバコ休憩の不公平感とは、喫煙者が非喫煙者よりも多くの休憩時間をとることで、仕事量や評価に差が生じると感じられる不満のことです。

タバコ休憩は、喫煙者にとって仕事の合間のリフレッシュや気分転換の機会として重要なものであり、喫煙をしない人も理解できます。しかし、喫煙者が1日何度も10分程度の休憩をとる場合、非喫煙者と比べて1時間あたりの労働時間が短くなるため、不公平感を生む原因となります。

特に、近年は働き方改革の流れもあり、残業時間の短縮や成果主義の導入など、労働時間の効率化が求められています。その中で、喫煙休憩によって非喫煙者との間に不公平が生じているとなれば、職場の雰囲気が悪くなったり、非喫煙者が退職したりするリスクが高まります。

タバコ休憩の不公平感を解消するためには、企業が適切な対応を行うことが重要です。具体的には、以下の3つの対策が考えられます。

タバコ休憩を労働時間としてカウントする

タバコ休憩を労働時間としてカウントすることで、喫煙者と非喫煙者の労働時間の差を明確にすることができます。その上で、喫煙者には休憩時間を減らすよう促したり、非喫煙者に休憩時間を増やすなどの対応を行うことで、不公平感の解消につながります。

非喫煙者にも同等の休憩時間を認める

非喫煙者にも、喫煙者と同等の休憩時間を認めることで、不公平感を解消することができます。例えば、コーヒーブレイクやお茶休憩など、喫煙以外の理由で休憩をとることを認めるなどの対応が考えられます。

タバコ休憩のルールを明確にする

タバコ休憩のルールを明確にすることで、喫煙者と非喫煙者の間に不透明感がなくなり、不公平感の解消につながります。例えば、休憩回数や時間、場所などのルールを定めるなどの対応が考えられます。

タバコ休憩の不公平感は、企業にとっても喫煙者にとっても大切な課題です。適切な対応を行うことで、職場の雰囲気を良くし、喫煙者と非喫煙者の両方が気持ちよく働ける環境を整えましょう。

なお、タバコ休憩の不公平感を解消する上で、喫煙者が非喫煙者を理解し、配慮することも重要です。例えば、休憩中に喫煙スペースから離れ、非喫煙者に迷惑をかけないようにすることや、休憩の時間を短くするなど、自ら行動を変えることも考えられます。

タバコ休憩の代替案

タバコ休憩 代替案

タバコ休憩の代替案とは、喫煙者以外の従業員も利用できる、タバコ休憩以外の休憩のことです。タバコ休憩の不公平感を解消するために、企業が導入するケースが増えています。

タバコ休憩の代替案には、以下のようなものが挙げられます。

コーヒーブレイク

コーヒーやお茶を飲みながら、気分転換やリフレッシュができる休憩です。喫煙者だけでなく、非喫煙者も気軽に利用できます。

ウォーキングブレイク

社内の廊下や庭などで、軽く歩いたり、ストレッチしたりする休憩です。運動不足解消や気分転換に効果的です。

読書休憩

好きな本を読んだり、新聞や雑誌を読んだりする休憩です。リラックスや知識の吸収につながります。

昼寝休憩

短時間の昼寝をとる休憩です。疲労回復や集中力アップに効果的です。

タバコ休憩の代替案を導入する際の注意点

タバコ休憩 代替案

休憩の目的を明確にする

休憩の目的を明確にすることで、適切な休憩時間を設定することができます。例えば、リフレッシュや気分転換を目的とする場合は、10〜15分程度の休憩が適しています。

休憩のルールを決める

休憩のルールを決めることで、喫煙者と非喫煙者の間で不公平感を解消することができます。例えば、休憩回数や時間、場所などのルールを決めるなどの対応が考えられます。

喫煙者に理解と協力を求める

タバコ休憩の代替案を導入する場合、喫煙者に理解と協力を求めることが重要です。例えば、休憩の時間を短くするなどの協力を求めるなどの対応が考えられます。

タバコ休憩の代替案を導入することで、喫煙者と非喫煙者の間での公平性を高め、職場の雰囲気を良くすることができます。企業は、従業員のニーズや状況に合わせて、適切な代替案を検討しましょう。

なお、タバコ休憩の代替案を導入するだけでなく、喫煙者の禁煙支援を行うことも重要です。禁煙することで、従業員の健康や生産性が向上するだけでなく、タバコ休憩の不公平感も解消することができます。

まとめ:タバコ休憩の代わりに非喫煙者は何をすべきか?

箇条書きで簡潔にまとめます。

タバコ休憩の不公平感

  • 喫煙者が非喫煙者よりも多くの休憩時間をとることで、仕事量や評価に差が生じると感じられる不満
  • 近年、働き方改革の流れもあり、喫煙休憩による不公平感の解消が求められている

対策

  • タバコ休憩を労働時間としてカウントする
  • 非喫煙者にも同等の休憩時間を認める
  • タバコ休憩のルールを明確にする

タバコ休憩の代替案

  • コーヒーブレイク
  • ウォーキングブレイク
  • 読書休憩
  • 昼寝休憩

注意点

  • 休憩の目的を明確にする
  • 休憩のルールを決める
  • 喫煙者に理解と協力を求める

全体的なまとめ

  • タバコ休憩の不公平感は、企業にとっても喫煙者にとっても大切な課題
  • 適切な対応を行うことで、職場の雰囲気を良くし、喫煙者と非喫煙者の両方が気持ちよく働ける環境を整えることができる

喫煙者の禁煙支援も重要


-生活・知識