美容・健康

BBクリーム塗ったら日焼け止めはいらない?紫外線効果は?

BBクリーム 日焼け止め いらない

「忙しい朝や旅行時などに便利なBBクリーム。でも、日焼け止め効果ってどれくらいあるの?」

BBクリームは、化粧下地やファンデーション、日焼け止めの機能を兼ね備えたアイテムです。1本でベースメイクが完了するため、忙しい朝や旅行時などに重宝されています。BBクリームを塗れば日焼け止めはいらないの?紫外線効果はどうなの?という疑問にお答えします。

BBクリームの日焼け止め効果は?

bb クリーム 日焼け止め いらない

BBクリームの日焼け止め効果は?

BBクリームは、化粧下地やファンデーション、日焼け止めの機能を兼ね備えたアイテムです。1本でベースメイクが完了するため、忙しい朝や旅行時などに重宝されています。しかし、BBクリームの日焼け止め効果は必ずしも十分とは言えず、場合によっては日焼けする可能性もあります。

BBクリームの日焼け止め効果は、SPFとPAの値によって異なります。

SPFは紫外線B波、PAは紫外線A波を防ぐ効果を表す数値です。SPFは20〜50程度、PAは++〜++++程度が一般的です。日焼け止め効果が十分なBBクリームは、SPF30以上、PA+++以上のものを選ぶようにしましょう。

SPF50+PA++++のBBクリーム売れ筋ランキング


SPF、PA紫外線効果が最高ランクのBBクリームです♪

BBクリームで日焼けする可能性は、以下の3つの条件が重なった場合に高くなります。

ココに注意

  • 日焼け止め効果が十分ではないBBクリームを使う
  • 長時間日差しを浴びる
  • 汗や水で化粧崩れする

日焼け止め効果が十分ではないBBクリームを使うと、紫外線を十分に防ぐことができません。また、長時間日差しを浴びると、紫外線の量が多くなるため、日焼け止め効果が十分であっても日焼けする可能性があります。さらに、汗や水で化粧崩れすると、日焼け止めが肌から剥がれ落ち、紫外線を防ぐことができなくなります。

BBクリームと日焼け止めの併用は?

BBクリームの日焼け止め効果が十分でない場合、日焼け止めを併用するのがおすすめです。日焼け止めは、SPF30以上、PA+++以上のものを選びましょう。

日焼け止めは、朝の洗顔後、化粧水や乳液を塗った後に塗ります。BBクリームを塗る前に、日焼け止めをしっかり塗っておきましょう。また、日焼け止めはこまめに塗り直すことも大切です。2〜3時間に1回は塗り直しましょう。

日焼け対策のポイント

日焼け対策を徹底するためには、以下のポイントも押さえましょう。

日傘や帽子を使う
こまめに日焼け止めを塗り直す
日焼け止めを塗った後は、2時間以内に塗り直す

日傘や帽子を使うことで、紫外線を直接浴びないようにすることができます。また、こまめに日焼け止めを塗り直すことで、日焼け止めの効果を維持することができます。

日焼け止め効果が十分なBBクリームとは?

bb クリーム 日焼け 止め いらない

日焼け止め効果が十分なBBクリームとは、以下の基準を満たすものを指します。

  • SPF30以上、PA+++以上
  • 紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の両方を配合
  • 汗や水に強い

SPFは紫外線B波、PAは紫外線A波を防ぐ効果を表す数値です。

紫外線B波は、肌の表面を焼いて日焼けを引き起こす原因になります。PAは、紫外線A波を防ぐ効果を表す数値です。紫外線A波は、肌の奥深くまで届き、シミやしわなどの原因になります。また、BBクリームには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方を配合しているものがあります。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱に変えて分解するタイプです。紫外線散乱剤は、紫外線を反射して肌に届かないようにするタイプです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方を配合することで、より高い日焼け止め効果が期待できます。

BBクリームは汗や水で化粧崩れしやすいため、汗や水に強いものを選ぶようにしましょう。汗や水で化粧崩れすると、日焼け止めが肌から剥がれ落ち、紫外線を防ぐことができなくなります。日焼け止め効果が十分なBBクリームを選ぶことで、日焼け対策をより効果的に行うことができます。SPF50+PA++++のBBクリーム売れ筋ランキング

BBクリームで日焼けする可能性は?

bb クリーム 日焼け 止め いらない

BBクリームで日焼けする可能性は、以下の3つの条件が重なった場合に高くなります。

  • 日焼け止め効果が十分ではないBBクリームを使う
  • 長時間日差しを浴びる
  • 汗や水で化粧崩れする

日焼け止め効果が十分ではないBBクリームを使うと、紫外線を十分に防ぐことができません。

BBクリームの日焼け止め効果は、SPFとPAの値によって異なります。SPFは紫外線B波、PAは紫外線A波を防ぐ効果を表す数値です。SPFは20〜50程度、PAは++〜++++程度が一般的です。

長時間日差しを浴びると、紫外線の量が多くなるため、日焼け止め効果が十分であっても日焼けする可能性があります。

また、汗や水で化粧崩れすると、日焼け止めが肌から剥がれ落ち、紫外線を防ぐことができなくなります。そのため、長時間日差しを浴びる場合は、こまめに日焼け止めを塗り直すようにしましょう。また、汗や水で化粧崩れしやすいBBクリームを使う場合は、汗や水に強いものを選ぶようにしましょう。

BBクリームで日焼けしないようにするためには、以下の対策を心がけましょう。

  • 日焼け止め効果が十分なBBクリームを選ぶ
  • 長時間日差しを浴びる場合は、こまめに日焼け止めを塗り直す
  • 汗や水で化粧崩れしやすいBBクリームを使う場合は、汗や水に強いものを選ぶ

また、日傘や帽子を使うことも効果的です。日傘や帽子を使うことで、紫外線を直接浴びないようにすることができます。

BBクリームと日焼け止めの併用は?

BBクリームと日焼け止めの併用は、日焼け対策をより効果的に行うためにおすすめの方法です。

BBクリームに日焼け止め効果が含まれているものもありますが、その効果は必ずしも十分とは言えません。また、BBクリームは汗や水で化粧崩れしやすいため、こまめに塗り直すのが難しいというデメリットもあります。

そのため、BBクリームと日焼け止めを併用することで、より高い日焼け止め効果と化粧崩れ防止効果を期待することができます。

BBクリームと日焼け止めの併用方法は、以下のとおりです。

  1. 朝の洗顔後、化粧水や乳液を塗った後に、日焼け止めをしっかり塗ります。

  2. BBクリームを塗ります。

BBクリームと日焼け止めを併用する際には、以下の点に注意しましょう。

注意ポイント

  • 日焼け止めは、SPF30以上、PA+++以上のものを選びましょう。
  • 汗や水で化粧崩れしやすいBBクリームを使う場合は、汗や水に強いものを選びましょう。
  • BBクリームを塗る前に、日焼け止めが完全に乾いてから塗りましょう。
  • こまめに日焼け止めを塗り直しましょう。

BBクリームと日焼け止めを併用することで、日焼け対策をより効果的に行うことができます。日差しが強い日や、長時間日差しを浴びる予定がある場合は、特におすすめの方法です。

まとめ:BBクリーム塗ったら日焼け止めはいらない?紫外線効果は?

BBクリームの日焼け止め効果と対策のまとめ

  • BBクリームに日焼け止め効果が含まれているものもありますが、その効果は必ずしも十分とは言えない。 BBクリームで日焼けしないようにするためには、以下の対策を心がける
    • 日焼け止め効果が十分なBBクリームを選ぶ
    • 長時間日差しを浴びる場合は、こまめに日焼け止めを塗り直す
    • 汗や水で化粧崩れしやすいBBクリームを使う場合は、汗や水に強いものを選ぶ
    • 日傘や帽子を使う
    • 衣服で肌を覆う
    • 日陰で過ごす
    • こまめに塗り直す

BBクリームと日焼け止めの併用のポイント

  • BBクリームと日焼け止めを併用することで、より高い日焼け止め効果と化粧崩れ防止効果を期待することができる。BBクリームと日焼け止めを併用する際には、以下の点に注意
    • 日焼け止めは、SPF30以上、PA+++以上のものを選ぶ
    • 汗や水で化粧崩れしやすいBBクリームを使う場合は、汗や水に強いものを選ぶ
    • BBクリームを塗る前に、日焼け止めが完全に乾いてから塗る
    • こまめに日焼け止めを塗り直す


-美容・健康