生活・知識

美容室で失敗された!返金は無理?

美容室 失敗された 返金

美容室で失敗された場合、返金交渉をすることで解決できる可能性があります。しかし、返金交渉が成功するかどうかは、失敗の原因や美容室の対応など、さまざまな要因によって異なります。当然無理な場合もあります。

この記事では、美容室で失敗された場合の返金交渉の流れとポイント、無理な場合を解説します。

ポイント

  • 美容室で失敗された時の返金交渉の流れ
  • 返金交渉が成功するポイント
  • 返金交渉をしない方がいいケース
  • 返金が無理なケース

美容室で失敗された時の返金交渉の流れ

美容室 失敗された 返金

美容室で失敗された場合、返金交渉をすることで解決できる可能性があります。しかし、返金交渉が成功するかどうかは、失敗の原因や美容室の対応など、さまざまな要因によって異なります。以下に、美容室で失敗された時の返金交渉の流れを詳しく解説します。

失敗の原因を特定する

まずは、失敗の原因を特定する必要があります。失敗の原因が特定できれば、美容室と交渉する際にも、より効果的な説明ができるようになります。失敗の原因を特定するためには、以下の点に注意しましょう。

ココに注意

施術前の髪型やカラーの画像を用意する
施術後の髪型やカラーの画像を用意する
施術内容や料金の明細を用意する

これらの情報をもとに、美容師の技術不足、施術前の髪質や状態の悪化、顧客の希望の誤解など、失敗の原因を検討しましょう。

美容室に連絡する

失敗の原因を特定したら、美容室に連絡しましょう。連絡は、電話やメール、来店など、好きな方法で行うことができます。連絡する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 失敗の原因を具体的に説明する
  • 返金の希望を伝える
    失敗の原因を具体的に説明することで、美容室側も問題を理解しやすくなります。また、返金の希望を伝えることで、交渉の方向性を明確にすることができます。

失敗の状況を説明する

美容室から返信があったら、失敗の状況を説明しましょう。失敗の状況を説明することで、美容室側に問題の深刻さを伝えることができます。失敗の状況を説明する際には、以下の点に注意しましょう。

客観的な証拠を用意する


あまりしたくないことですが、万が一のことを考えて行く前に自撮りしておいたほうがいいかもです(-_-;)

感情的にならない

客観的な証拠を用意することで、美容室側も失敗を認めやすくなります。また、感情的にならないことで、交渉を円滑に進めることができます。

返金の申し出をする

失敗の状況を説明したら、返金の申し出をしましょう。返金の申し出をする際には、以下の点に注意しましょう。

具体的な金額を提示する 妥協する心構えを持つ

具体的な金額を提示することで、交渉がスムーズに進みやすくなります。また、妥協する心構えを持つことで、交渉が決裂するリスクを減らすことができます。

美容室の対応を待つ

返金の申し出をしたら、美容室の対応を待ちましょう。美容室の対応は、数日〜数週間かかることもあります。美容室から連絡がなければ、催促の連絡をしましょう。

必要に応じて弁護士に相談する

美容室と交渉しても返金に応じてもらえない場合は、弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、法的手段を検討することができます。法的手段を検討する場合は、以下の点に注意しましょう。

弁護士費用を準備する
裁判所への提出書類を準備する
弁護士費用は、数万円〜数十万円程度かかります。また、裁判所への提出書類は、自分で作成することも可能ですが、弁護士に依頼することもできます。


お金もかかることなのでよほどこじれない限りは避けたい方法ですね(-_-;)

これらの点を押さえることで、よりスムーズに返金交渉を進めることができるでしょう。

返金交渉が成功するポイント

美容室 失敗された 返金

早めに連絡する

返金交渉が成功するポイントの1つは、早めに連絡することです。失敗に気づいたら、できるだけ早く美容室に連絡しましょう。早めに連絡することで、以下のメリットがあります。

  • 美容室側の対応が誠実になる
  • 美容室側の記憶が鮮明なうちに交渉できる

美容室側は、失敗を認めたくないという心理があります。そのため、早めに連絡することで、美容室側の対応が誠実になる可能性が高くなります。また、失敗した状況を覚えていない場合、美容室側が対応を曖昧にしたり、責任を回避したりする可能性もあります。早めに連絡することで、美容室側の記憶が鮮明なうちに交渉できるため、不利な状況に陥りにくくなります。

失敗の状況を具体的に説明する

返金交渉が成功するポイントの1つは、失敗の状況を具体的に説明することです。失敗の状況を具体的に説明することで、美容室側も問題を理解しやすくなります。具体的な説明をする際には、以下の点に注意しましょう。

客観的な証拠を用意することで、美容室側も失敗を認めやすくなります。また、感情的にならないことで、交渉を円滑に進めることができます。

具体的には、施術前の髪型やカラーの画像、施術後の髪型やカラーの画像、施術内容や料金の明細などを用意するとよいでしょう。また、失敗の状況を説明する際には、感情的にならないように注意しましょう。感情的になると、交渉が決裂するリスクが高まります。

冷静に対応する

返金交渉が成功するポイントの2つは、冷静に対応することです。冷静に対応することで、美容室側との信頼関係を築きやすくなります。冷静に対応する際には、以下の点に注意しましょう。

注意ポイント

感情的にならない
脅迫や暴言は慎む
美容師や店舗を誹謗中傷しない

感情的になると、美容室側も感情的になり、交渉が決裂するリスクが高まります。また、脅迫や暴言は、美容室側の反感を買うだけです。さらに、美容師や店舗を誹謗中傷すると、名誉毀損などの訴訟に発展する可能性があります。

妥協する心構えを持つ

返金交渉が成功するポイントの3つは、妥協する心構えを持つことです。妥協する心構えを持つことで、交渉が決裂するリスクを減らすことができます。妥協する際には、以下の点に注意しましょう。

自分の希望を明確にする
美容室側の立場も理解する

自分の希望を明確にすることで、妥協の余地を広げることができます。また、美容室側の立場も理解することで、妥協点を見出すことができます。

具体的には、希望の返金金額を決めておくとよいでしょう。また、美容室側の立場を理解するためには、美容師の技術や美容室の経営状況などを考慮するとよいでしょう。これらのポイントを押さえることで、よりスムーズに返金交渉を進めることができるでしょう。


美容室側は基本お直しでの対応ですが、保証期間がある美容室が多いので、その場でもしくは翌日にでも、とにかく早めに伝えてください。  どうしても納得できず返金してもらいたいときは二度とその美容室には行かない前提で強めに言ってみてください。

失敗の原因が主観的なものの場合

返金交渉が失敗するパターンの1つは、失敗の原因が主観的なものである場合です。主観的なものとは、人によって感じ方が異なることです。

例えば、

  • イメージ違い
  • 髪質や状態の変化による影響

などが主観的な失敗の原因として挙げられます。このような場合、美容室側は、失敗を認めにくいため、返金に応じない可能性があります。

美容室が返金に応じない場合

返金交渉が失敗するパターンの2つは、美容室が返金に応じない場合です。美容室が返金に応じない場合は、以下の理由が考えられます。

  • 失敗を認めたくない
  • 返金に応じることで、経営に影響が出る

美容室側が失敗を認めたくない場合は、返金に応じない可能性が高いです。また、返金に応じることで、経営に影響が出る場合は、返金に応じない場合があります。

顧客側の対応に問題がある場合

返金交渉が失敗するパターンの3つは、顧客側の対応に問題がある場合です。顧客側の対応に問題がある場合、美容室側も返金に応じない可能性があります。

例えば、

  • 感情的になる
  • 脅迫や暴言を言う
  • 美容師や店舗を誹謗中傷する

このような対応は、美容室側の反感を買い、返金交渉が決裂する原因となります。返金交渉を行う際には、これらのパターンを理解しておき、注意しましょう。

返金交渉をしない方がいいケース

美容室 失敗された 返金

軽微な失敗の場合

返金交渉をしない方がいいケースの1つは、軽微な失敗の場合です。軽微な失敗とは、見た目や機能に大きな影響を与えない失敗のことです。

例えば、

  • 髪の毛の長さが少し短くなった
  • カラーの色味が少し違った

などが軽微な失敗として挙げられます。

このような場合、返金交渉をしても、返金に応じてもらえない可能性が高いです。また、返金交渉に時間や労力をかけるよりも、別の美容室で修正してもらったり、自分で修正したりした方がよい場合もあります。

美容室の対応が誠実な場合

返金交渉をしない方がいいケースの2つは、美容室の対応が誠実な場合です。美容室の対応が誠実な場合とは、失敗を認め、修正や改善に応じてくれる場合のことです。このような場合、返金交渉をする必要はありません。美容室の対応を信じて、修正や改善をしてもらうのが良いでしょう。

返金交渉に時間や労力を割く余裕がない

返金交渉をしない方がいいケースの3つは、返金交渉に時間や労力を割く余裕がない場合です。返金交渉を行うには、失敗の原因を特定したり、客観的な証拠を用意したり、美容室と交渉したりといった時間や労力が必要です。

これらの時間や労力を割く余裕がない場合は、返金交渉を諦めるのも1つの選択肢です。返金交渉を行う際には、これらのケースを理解しておき、慎重に判断しましょう。

返金が無理なケース

美容室 失敗された 返金

イメージ違いの場合

イメージ違いは、返金が難しいケースの1つです。

イメージ違いとは、顧客が希望した髪型やカラーと、施術後の髪型やカラーが異なる場合のことです。イメージ違いの場合、美容室側は、失敗を認めにくいため、返金に応じない可能性があります。

例えば、

写真やイラストで伝えたイメージと異なる
施術前に希望を十分に伝えていなかった

などがイメージ違いの原因として挙げられます。イメージ違いを防ぐためには、施術前に、希望する髪型やカラーを、美容師にしっかりと伝えることが重要です。

美容師の技術不足が認められない場合

美容師の技術不足が認められない場合も、返金が難しいケースです。美容師の技術不足が認められない場合とは、美容師の技術が、失敗の原因となった場合のことです。美容師の技術不足が認められない場合、美容室側は、責任を負いたくないため、返金に応じない可能性があります。

例えば、

施術中に、美容師がミスをした
美容師の技術が低かった

などが美容師の技術不足の原因として挙げられます。美容師の技術不足を防ぐためには、事前に、美容室の口コミや評判を調べておくことが重要です。

顧客側の落ち度がある場合

顧客側の落ち度がある場合も、返金が難しいケースです。顧客側の落ち度がある場合とは、顧客の行動や言動が、失敗の原因となった場合のことです。顧客側の落ち度がある場合、美容室側は、責任を負いたくないため、返金に応じない可能性があります。

例えば、

施術中に、顧客が美容師の指示に従わなかった
施術後に、顧客が適切なケアをしなかった

などが顧客側の落ち度の原因として挙げられます。

顧客側の落ち度を防ぐためには、施術前の説明をよく聞き、施術中は美容師の指示に従うことが重要です。また、施術後は、美容師から指示されたケアをしっかりと行うようにしましょう。返金交渉を行う際には、これらのケースを理解しておき、慎重に判断しましょう。

まとめ:美容室で失敗された!返金は無理?

  • 返金交渉の流れ
    • 失敗の原因を特定する
    • 美容室に連絡する
    • 失敗の状況を説明する
    • 返金の申し出をする
    • 美容室の対応を待つ
    • 必要に応じて弁護士に相談する
  • 返金交渉が成功するポイント
    • 早めに連絡する
    • 失敗の状況を具体的に説明する
    • 冷静に対応する
    • 妥協する心構えを持つ
  • 返金交渉が失敗するパターン
    • 失敗の原因が主観的なものである場合
    • 美容室が返金に応じない場合
    • 顧客側の対応に問題がある場合
  • 返金交渉をしない方がいいケース
    • 軽微な失敗の場合
    • 美容室の対応が誠実な場合
    • 返金交渉に時間や労力を割く余裕がない
  • 返金が無理なケース
    • イメージ違いの場合
    • 美容師の技術不足が認められない場合
    • 顧客側の落ち度がある場合

ポイントは、

  • 早めに連絡する
  • 失敗の状況を具体的に説明する
  • 冷静に対応する
  • 妥協する心構えを持つ

です。

また、返金交渉をしない方がいいケースも理解しておきましょう。


-生活・知識