生活・知識

「おっしゃっていた」の意味や使い方、敬語、言い換え、メールでの使い方

おっしゃっていた
  • はじめに、「おっしゃっていた」の意味や使い方を、簡潔に説明しています。
  • 次に、敬語や言い換え、メールでの使い方について、要点を押さえて説明しています。
  • 最後に、メールでの使い方のポイントを、具体的に挙げています。

記事のポイント

「おっしゃっていた」の意味
「おっしゃっていた」は敬語?書き言葉の言い換えは?
「おっしゃっていた」のメールでの使い方
「おっしゃっていた」を使った上司に関する例文
「おっしゃっていた」の間違った使い方の例文
「おっしゃっていた」の漢字の書き方

「おっしゃっていた」の意味

おっしゃっていた

「おっしゃっていた」は、「言う」の尊敬語で、「誰かが過去に言ったことを引用する」という意味です。

「おっしゃっていた」は、「言う」の尊敬語で、過去形の「言っていた」を敬語表現にしたものです。つまり、誰かが過去に言ったことを、敬意を込めて引用するときに使います。

具体的には、以下のような場面で使われることが多いです。

参考

  • 会話やメールなどで、相手の発言を引用するときに
  • 報告書やプレゼンテーションなどで、過去の資料や会議の議事録を引用するときに
  • 新聞やニュース記事などで、過去の発言を引用するときに

たとえば、上司との会話で、「来週のプレゼンテーションは、資料をしっかり準備しておきましょう」と言われたとします。このとき、その発言をメールで他の人に伝える場合、「来週のプレゼンテーションは、資料をしっかり準備しておくようにと上司からおっしゃっていました」と表現することができます。

「おっしゃっていた」は、会話やメールなど、口語でよく使われる表現です。漢字で書くと「仰っていた」となりますが、この場合も敬語表現です。

「おっしゃっていた」は敬語?書き言葉の言い換えは?

おっしゃっていた

「おっしゃっていた」は、会話やメールなど、口語でよく使われます。漢字で書くと「仰っていた」となりますが、この場合も敬語表現です。

ただし、書き言葉では「述べていた」「話していた」などの表現が一般的です。これは、会話やメールよりも書き言葉の方が、丁寧な表現が求められるためです。

以下に、書き言葉で「おっしゃっていた」を言い換えた例を挙げます。

述べていた
話していた
指摘していた
提案していた
要望していた
希望していた
考えていた
意見していた


このように、書き言葉では「おっしゃっていた」を、より丁寧な表現に言い換えることが可能です。

「おっしゃっていた」は、書き言葉では「述べていた」「話していた」などの表現が一般的です。

「おっしゃっていた」のメールでの使い方

おっしゃっていた

「おっしゃっていた」は、メールでもよく使われる表現です。以下に、具体的な例文を挙げます。

以下に、「おっしゃっていた」のメールでの使い方の例を4つ挙げます。

1. 上司からの指示や要望を引用する

先日、〇〇様から「〇月〇日までに〇〇を完了するように」と仰っていたとのことで、現在進行中です。

2. 顧客からの要望や要件を引用する

〇〇様より「〇月〇日までに〇〇を納品するように」と仰っていたため、早急に作業を進めております。

3. 会議や打ち合わせの議事録を引用する

先日の会議で、〇〇様より「〇〇の件については、〇月〇日までに再検討する」と仰っていたとのことで、現在検討中です。

4. 新聞やニュース記事などの報道を引用する

〇〇首相は、〇月〇日、記者会見で「〇〇の件については、慎重に検討していく」と仰っていた。

これらの例文のように、「おっしゃっていた」は、メールで相手の発言や要望を引用する際に、よく使われる表現です。

また、メールでは、より丁寧な表現を心がけることが大切です。そのため、書き言葉である「仰っていた」を使うのが一般的です。ただし、あまりにもかしこまった印象を与えないように、適度に口語的な表現を混ぜることも大切です。

「おっしゃっていた」は、誰かが過去に言ったことを引用する際に使う便利な表現です。意味や使い方を正しく理解して、ビジネスシーンや日常生活で活用しましょう。

「おっしゃっていた」を使った上司に関する例文

先日、部長から「来週のプレゼンテーションは、資料をしっかり準備しておくように」と仰っていました。そのため、現在、資料の作成を進めております。

プレゼンテーションの内容は、新商品の販売戦略です。部長から、新商品の特徴や強みを、わかりやすく伝えるように指示を受けました。また、競合他社との違いも、しっかり比較できるようにしておくようにとのことです。

資料の作成には、かなりの時間を要する見込みです。しかし、部長の期待に応えるため、精一杯取り組んでまいります。

上司からの指示や要望を、丁寧に引用しています。

指示の内容や、その理由を、簡潔に説明しています。

自分の取り組みや意気込みを、前向きに表現しています。

この本文は、ビジネスシーンでよく使われる表現を盛り込んでいます。また、上司からの指示をしっかりと受け止め、その期待に応えたいという意欲が伝わるように、心がけました。

もちろん、本文の内容は、状況に合わせて自由に変更してください。

「おっしゃっていた」の間違った使い方の例文

「おっしゃっていた」は、「言う」の尊敬語で、誰かが過去に言ったことを引用するときに使う表現です。しかし、使い方を間違えると、誤った敬語表現になってしまうので注意が必要です。

「おっしゃっていた」の間違った使い方の例としては、以下のようなものがあります。

自分の過去の発言や行動に対して使う
「私は昨日寿司を食べたとおっしゃっていました」

これは、自分の過去の発言や行動に対して「おっしゃっていた」を使っているので、誤った使い方です。正しくは、「私は昨日寿司を食べたと言っていました」となります。

尊敬語の重複
「先日の会議でA部長が見直すように仰られました」

これは、「おっしゃる」はすでに尊敬語なので、さらに「られる」をつけて尊敬語を重ねてしまっています。正しくは、「先日の会議でA部長が見直すように仰っていました」となります。

話し言葉をそのまま書き言葉にする
「私は昨日寿司を食べたとおっしゃってました」

これは、口語でよく使われる「おっしゃってました」をそのまま書き言葉にしてしまっているため、誤った使い方です。正しくは、「私は昨日寿司を食べたと言っていました」となります。

これらの間違った使い方を避けるために、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 「おっしゃっていた」は、他人の過去の発言や行動に対して使う。
  • 「おっしゃる」にさらに尊敬語を重ねてはいけない。
  • 話し言葉をそのまま書き言葉にするのは避ける。

これらのポイントを押さえることで、正しい敬語表現を身につけることができます。

「おっしゃっていた」の漢字の書き方

「おっしゃっていた」の漢字の書き方は「仰っていた」です。

「仰」は、「言う」の尊敬語の漢字です。つまり、「おっしゃる」の漢字をそのまま使います。

「仰っていた」の例文としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 先日の会議で、部長から「来週のプレゼンテーションは、資料をしっかり準備しておくように」と仰っていた。
  • 社長は、常に「顧客第一」を念頭に置いて仕事をするよう仰っていた。
  • 先生は、テスト前に「しっかりと勉強しておくように」と仰っていた。

このように、「おっしゃっていた」は、誰かが過去に言ったことを引用する際に使う表現です。会話やメールなど、口語では「おっしゃっていた」が一般的ですが、書き言葉では「仰っていた」とするのが一般的です。

関連


 


-生活・知識